陸奥鵆
《陸奥鵆二》

阿野の津の祭に伊賀も打交      桃隣
    肩のいかりは先角力とり   不碩
検断の役は達者に物書て       東舟

《陸奥鵆三》

    松露とるにも上手下手有   白桃
先度から角力角力と触廻      桃水
     疝気も道理今朝の初霜   桃雫

《陸奥鵆三》

重陽や尾上の家に餅を搗       仝
     負た角力が勝た振する   隣
金掘と色の青にしられたり     仝

仝…鋤立。
隣…桃隣。


《陸奥鵆三》秋部

己が臍見ぬといふ也角力取      盤谷
(中略)
貰はれし其子があれか角力取     岩翁
(中略)
あれ見たか角前髪が播磨投      膳所臥高
(中略)
寐静村をはなれて角力哉      白仙

《陸奥鵆四》

    鼻の低もよい気にて持   方雨
どうぞ唯名乗せたいぞあの角力    茹毛
      女で賊をする袖の露   鋤立
詩歌に戻る