名なし草紙
《名なし草紙》

蕣に女房持けりすまひ取      袁丁

《名なし草紙》半歌仙

    鶉を寝せる籠をくむ也   明
角力取の鯖江門徒を片贔屓     白
   夢を見たとて富札を買ふ   明

明…其明。
白…樗白。


《名なし草紙》

髻に紅葉おりさせ勝角力      市東

《名なし草紙》

庫裏の月人はずいきの皮むきて   朗
  角力取る場をこしらへに行   有
我にものいはふとしたは案山子めか 里

朗…士朗。
有…竹有。
里…竹里。

詩歌に戻る