夏より
《夏より》六月十日 峨眉亭 兼題

   白雨
(中略)
ゆふだちや晴て角力のふれ太鼓   鉄僧

六月十日…明和3年。

《夏より》八月廿日 八文舎

   相撲
を終の栖やすまひと取     太祇
角力取翌や紀の路へたつか弓    召波
痩身にも歩行やうありすまひ取   鉄僧
                 烏西
かうとふな形も目立や相撲取    自笑
夕露や伏見の相撲ちりぢりに    蕪村

八月廿日…明和5年7月。
詩歌に戻る