根合
《根合》

     鬼が窟に似たる秋風    瓢叟
一とをの相撲場草に埋もれて     
   菊かこハむと切ほどく菰    執筆

《根合》

不食すなかた人送らん■■て     笑
 明日のすまふの地取見て来る    非
古寺の縁起質屋に埋れし       笑

笑…快笑。
非…昨非。


《根合》

■ふけバ嵐に下馬の■助見たて    昨非
  相撲がへりの人い■むなり    海
この槌ハあらちい■しとうつ砧    郎

海…万海。
郎…■郎。

詩歌に戻る