野見宿禰
《日本書紀巻六》垂仁7年7月7日 

《類聚国史巻七十三》垂仁7年7月7日 

《日本紀略前篇四》垂仁7年7月7日 

《帝王編年記巻四》垂仁7年7月7日 

《皇代記》垂仁天皇 

《神明鏡上》 

《皇代暦巻一》垂仁天皇 

《皇年代略記》垂仁天皇 頭書 

《東寺王代記》垂仁天皇 

《水鏡上》 

《水鏡異本上》 

《水鏡異本上》垂仁天皇 朱筆傍書

喚上出雲国之土部一百人取埴以造作人馬及種々形献 天皇曰自今以後以此土物易生人樹於陵墓為後葉之法則 天皇於是大喜之詔野見宿禰白汝之便議寔洽朕カ心其土物立テ日葉酢媛之墓仍号是土物謂埴輪亦名立物也 天皇厚賞野見宿禰之功亦賜鍛地改本姓土部謂土師臣所謂野見宿禰土師等之始祖也

《西宮記古写本巻四》七月 

《北山抄巻第九》羽林抄 

《江家次第巻第八》七月 

《師元年中行事》七月 

《年中行事秘抄》七月 

《師光年中行事》七月 

《公事根源》七月 

《日本書紀巻六》垂仁32年7月6日

卅二年秋七月甲戌朔己卯。皇后日葉酢媛命一云。日葉酢根命也。薨。 臨葬有日焉。天皇詔群卿曰。従死之道。前知不可。今此行之葬奈之為何。於是野見宿禰進曰。 夫君王陵墓。埋立生人。不良也。豈得伝後葉乎。願今将議便事而奏之。則遣使者。喚上出雲国之土部壱佰人。 自領土部等。取埴以造作人馬及種種物形。献于天皇曰。自今以後。以是土物。更易生人。樹於陵墓。 為後葉之法則。天皇於是大喜之。詔野見宿禰曰。汝之便議寔洽朕心。則其土物。始立于日葉酢媛命之墓。 仍号是土物謂埴輪。亦名立物也。仍下令曰。自今以後。陵墓必樹是土物。無傷人焉。天皇厚賞野見宿禰之功。 亦賜鍛地。即任土部職。因改本姓謂土部臣。是土部連等主天皇喪葬之縁也。所謂野見宿禰。是土部連等之始祖也。

《日本紀略前篇四》垂仁32年7月6日

卅二年秋七月甲戌朔己卯。皇后日葉酢媛命薨。天皇詔群卿曰。従死之道前知不可。於是野見宿禰進曰。 夫君王陵墓埋立生人。是不良也。則遣使者喚上出雲国之土部一百人。自領土師部等。取埴以造作人馬及種々物形。 献于天皇曰。自今以後。以是土物更易生人。樹於陵墓。為後葉之法。天皇厚賞野見宿禰之功。 且賜鍛地。所謂野見宿禰。是土部連等之始祖也。

《帝王編年記巻四》垂仁32年7月6日

三十二年癸亥七月。皇后日葉酢姫命崩。爰土師連祖野見宿祢以土作獣形。立埋墓。 便止埋生人也。天皇悦賜姓。為土師連。

《神明鏡上》

第十一垂仁天皇。(中略)又此時マテハ主人死レハ仕ルヽ人ヲ生ナカラ陵ニツキ籠ケリ。帝聞食テ人ノ歎哀給ヒテ土師氏ニ仰テ人形ヲ作テ死人ニ副テ埋可祭トテ止給フ。今ノ大江氏ノ祖也。

《皇年代略記》垂仁天皇 頭書

卅二年野見宿禰造土偶埋之易生人天皇大悦賜姓土師連

《東寺王代記》垂仁天皇

 自古帝王崩御之時。墓中ニ乍生籠近臣。支那例又如此。此御時止其儀用土人形云々。

《続日本紀巻三十六》天応元年6月25日

壬子。(中略)遠江介従五位下土師宿祢古人。散位外従五位下土師宿祢道長等一十五人言。土師之先出自天穂日命。 其十四世孫。名曰野見宿祢。昔者纒向珠城宮御宇垂仁天皇世。古風尚存。葬礼無節。毎有凶事。例多殉埋。 于時皇后薨。梓宮在庭。帝顧問群臣曰。後宮葬礼。為之奈何。群臣対曰。一遵倭彦王子故事。時臣等遠祖野見宿祢進奏曰。 如臣愚意。殉埋之礼殊乖仁政。非益国利人之道。仍率土部三百余人。自領取埴造諸物象進之。帝覧甚悦。 以代殉人。号曰埴輪。所謂立物是也。此即往帝之仁徳。先臣之遺愛。垂裕後昆。生民頼矣。式観祖業。 吉凶相半。若其諱辰掌凶。祭日預吉。如此供奉。允合通途。今則不然。専預凶儀。尋念祖業。意不在茲。 望請。因居地名。改土師以為菅原姓。勅依請許之。

《続日本紀考証巻十一》天応元年

○六月(中略) 道長。長下一本。有等字。天穂日命。古事記云。 天菩比命之子。建北良鳥命此出雲国造厶厶等之祖也。神代巻亦云。天穂日命是出雲臣土師連等祖也。名田。田当依卜本永正本金沢本堀本作曰。 野見宿祢。垂仁紀云。野見宿祢是土師連之始祖也。昔。金沢本堀本作昔者二字。 纒向珠城宮。垂仁紀云。二年冬十月。更都於纒向。是謂珠城宮。案纒向或作巻向。神名式大和国城上郡巻向若御魂神社。 万葉集第七巻向之檜原山。皆此地珠城宮。古事記作玉垣宮。帝王編年記云。珠城宮大和国城上郡。今纒向河北里西田中也。 大和志云在穴師村西。皇后薨。垂仁紀云。三十二年七月。皇后日葉酸媛命薨。倭彦王子。又云。 二十八年十月。天皇母弟倭彦命薨。十一月。葬于身狭桃花鳥坂。於是集近習者。悉生而埋立於陵域云々。 臣等遠祖云々。延暦元年五月。土師宿祢安人等上言亦載之。遇意。遇当依永正本金沢本堀本作愚。 益国利人之道。益上当依永正本金沢本堀本増非字。土師三百余人。垂仁紀云。 遣使者。喚出雲国之土師壱伯人。埴輪。谷川氏曰。私記。埴輪山陵縁辺作埴人形。立如車輪者。 又引松下氏説曰。神功皇后山陵半腹置如小壺者。周廻如車輪。此所謂埴輪之類。立物。案垂仁紀云。以是土物更易生人樹於陵墓。 為後葉之法。又云。土物始立于日葉酸媛命之墓云々。称曰立物義取諸此。垂裕後昆。出書仲之誥。 専預凶儀。垂仁紀云。天皇厚賞野見宿祢之功。亦賜鍛地。即任土師職。因改本姓謂土師臣。 是土師連等主天皇喪葬之縁也。推古紀云。十一年。征新羅大将軍来目皇子薨之云々。仍殯丁周芳娑婆。乃遣土師連猪手。令掌殯事。 孝徳紀云。白雉五年十月。天皇崩于正寝。仍起殯於南庭。以小山上百舌鳥土師連土徳。主殯宮之事。喪葬令云。 凡百官在職薨卒云々。三位以上及皇親土師示礼制。職員令云。諸陵司土師十人掌賛相凶令。義解云。凶礼送終之礼即土師宿祢年位高進者為大連。 其次為少連。並紫衣刀剱世執凶儀。案三代格。延暦十六年四月廿三日官符。停土師宿祢等預凶儀。宜合考。菅原姓。 延暦九年十二月紀云。勅菅原宿祢道長等賜姓朝臣。姓氏録云。右京神別菅原朝臣土師宿祢同祖。乾飯根命七世孫大保慶連之後也。 案菅原在大和国添下郡。見和銅元年九月攷証。

《続日本紀巻三十七》延暦元年5月21日

癸卯。少内記正八位上土師宿祢安人等言。臣等遠祖野見宿祢。造作物象。以代殉人。垂裕後昆。生民頼之。 而其後子孫。動凶儀。尋念祖業。意不在茲。是以土師宿祢古人等。前年因居地名。改菅原。当時安人任在遠国。 不及預例。望請。土師之字改為秋篠。詔許之於是。安人兄弟男女六人賜姓秋篠。

《続日本紀考証巻十二》延暦元年

○五月(中略) 野見宿祢云云。已見天応元年六月土師宿祢古人等上言。 預例。例堀本作列。秋篠。四年八月。右京人土師宿祢淡海其姉諸主等改本姓賜秋篠宿祢。 九年十二月勅。菅原宿祢道長秋篠宿祢安人等並賜姓朝臣。姓氏録云。右京神別秋篠朝臣菅原朝臣同祖。

《続日本紀巻四十》延暦10年9月19日

丁丑。近衛将監正六位下出雲臣祖人言。臣等本系。出自天穂日命。其天穂日命十四世孫曰野見宿祢。 野見宿祢之後。土師氏人等。或為宿祢。或賜朝臣。臣等同為一祖之後。独漏均養之仁。伏望与彼宿祢之族。 同預改姓之例。於是賜姓宿祢。

《続日本紀考証巻十二》延暦十年

○九月(中略) 為一祖。為上当依金沢本堀本増同字。賜姓宿祢。出雲宿祢見姓氏録左京神別。

《日本逸史巻六》延暦16年4月23日

戊寅。太政官符。応停土師宿禰等預凶儀事。右太政官今月十四日論奏。 臣等謹検故事。上古淳朴。葬礼無節。属有山陵之事。毎以殉埋生人。鳥吟魚爛而不忍見聞。 爰及纒向珠城朝廷垂仁天皇御世。皇后薨逝。梓宮在庭。天皇甚傷。顧問群臣。後宮葬礼。為之奈何。 于時土師宿禰等遠祖野見宿禰進奏曰。神聖之徳。伏済民命。殉埋之礼。殊乖仁政。因即喚出雲国土師部三百余人。 自領取埴。造諸物象進。天皇甚悦。以代殉人。号曰埴輪。所謂立物是也。自茲厥後。歴代相沿。緬尋古風。 野見宿禰献策往帝。弘仁政於昔年。停殉陵次。垂遺愛於後世伝曰。善善及子孫。悪悪止其身。然則野見宿禰苗裔。 応霑延賞之沢。而飜掌凶儀。不預吉礼。夫喪礼之事。人情所悪。専定一氏。為其職掌。於事論之。 実為不穏。臣等伏望。永従停止。縦有吉凶。同於諸氏。其殯宮御膳。誄人長。及年終奉幣諸陵使者。 普択所司及左右大舎人雑色人等充之。伏聴天裁。謹以申聞者。画聞既訖。省宜承知。年終幣使者。依治部省移。 差蔭子孫散位位子等充之。自今以後。永為恒例。類聚三代格第七及第十七

第七…第十二の誤りならむ。

《類聚三代格巻十二》諸司并公文事

太政官符
 応停土師宿祢等例預凶儀事兼入原免部
右太政官今月十四日論奏。臣等謹検故事。上古淳朴葬礼無節。属有山陵之事。 毎以殉埋生人。鳥如ニノ如ニレテ而不忍見聞。 爰及纒向珠城朝廷垂仁天皇御世皇后薨逝。梓宮在庭。天皇甚傷顧問群臣。後宮葬礼為之奈何。 于時土師宿祢等遠祖野見宿祢進奏曰。神聖之徳伏済民命。殉埋之礼殊乖ケリト申セリ仁政。 因即喚リテ出雲国土師部三百余人。自領取埴造諸物象進。天皇甚悦以代殉人。 号ツケテ曰埴輪所。謂立物是也。自茲厥後歴代相沿。緬尋古風。 野見宿祢献策往帝。弘仁政於昔年。停殉陵次。垂遺愛於後世。伝曰善々及子孫。悪々止ムト云リ其身。 然則野見宿祢苗裔。応霑延賞之沢。而飜掌凶儀不預吉礼。夫喪礼之事人情所悪。専定一氏為其職掌。 於事論之実為不穏。臣等伏望。永従停止。縦有吉凶。同於諸氏。其殯宮御膳誄人長。及年終奉幣諸陵使者。 普択所司及左右大舎人雑色人等充之。伏聴天裁謹以申聞者画聞既訖。省宜承知。年終幣使者。依治部省移。 差蔭子孫散位位子等充之。自今以後永為恒例。
  延暦十六年四月廿三日 続紀第卅六可併考

謹検…振り仮名「カシコンデ」。
属…振り仮名「ツキテ」。
梓宮…振り仮名「アラキノミヤ」。
群臣。後宮葬礼…振り仮名「ツカサヅカサキサイノミヤノミハフリノワサ」。
奏曰…振り仮名「マヲサク」。
進…振り仮名「タテマツル」。
埴輪…振り仮名「ハニワ」。
沿…振り仮名「シタガフ」。
策…振り仮名「ハカリコトヲ」。


《類聚三代格巻十七》免事

太政官符
 応停土師宿祢預凶儀事兼入諸使部
右太政官今月十四日論奏。臣等謹検故事。上古淳朴。葬礼無節。属有山陵之事。 毎以殉埋生人。鳥吟魚爛。不忍見聞。爰及纒向珠城朝廷垂仁天皇御世。皇后薨逝。梓宮在庭。天皇甚傷。顧問群臣。後宮葬礼。 為之奈何。于時土師宿祢等遠祖野見宿祢進奏曰。神聖之徳。伏済民命。殉埋之礼。殊乖仁政。 因即喚来出雲国土師部三百余人。自領取埴。造諸物象進。天皇甚悦。以代殉人。号曰埴輪。所謂立物是也。自茲厥後。 歴代相沿。緬尋古風。野見宿祢献策往帝。弘仁政於昔年。停殉陵次。垂遺愛於後世。伝曰。善々及子孫。悪々止其身。 然則貯野見宿祢苗裔。応霑延賞之沢。而飜掌凶儀。不預吉礼。夫喪礼之事。人情所悪。専定一氏。為其職掌。 於事論之。実為不穏。臣等伏望。永従停止。縦有吉凶。同於諸氏。其殯宮御膳誄人長。及年終奉幣諸陵使者。 普択所司及左右大舎人雑色人等充之。伏聴天裁。謹以申聞者。画聞既訖。省宜承知。年終幣使者。依治部省移。 差蔭子孫散位々子等充之。自今以後。永為恒例。
  延暦十六年四月廿三日

《日本三代実録》元慶元年12月27日

廿七日癸巳。(中略)左京人前遠江掾正八位上土師宿祢常見。弟織部佑従六位下土師宿祢長雄。 常見男文章生連胤等賜姓菅原朝臣。野見宿祢之後也。

《大日本史賛藪巻之一》垂仁天皇以下至成務天皇紀賛

賛曰。垂仁生而岐嶷。夢兆既叶。総攬乾綱。誠知。帝位天授。非人力之所能致也。至其以土偶代殉葬。則惻怛之誠。 恵天下後世至深遠矣。可謂知喪道而得仁者也。蓋当此時。去上世未遠。魑魅魍魎物怪神姦。布山沢。神人雑糅。

《大日本史賛藪巻之三》可美真手命以下至野見宿禰伝賛

能見宿禰雄勇絶倫。著名当時。進埴輪以代殉埋。克成垂仁之美。可不謂之仁者之勇乎。

《日本政記巻之一》垂仁天皇 

《大勢三転考骨の代》

又土部臣は同紀三十二年に。
  天皇厚賞野見宿禰之功。亦賜鍛地。即任土部職。因改本姓謂土部臣。
などの比類皆功によりて。賜へるなり。

同紀…日本書紀。

《前々太平記巻之六》 

《前々太平記巻之十七》菅丞相左遷法皇御制止事

延喜元年辛酉昌泰四年天也正月廿五日。菅丞相を太宰権帥に降して筑紫へ左遷せられける。抑此右大臣道真公と申は。 天照太神第二の御子。天穂日命二十六世の裔。菅原朝臣清公孫。参議従三位是善子也。
 天穂日命十四世の孫。野見宿禰と云し人に垂仁天皇土師姓を賜ひ。其十一世古人に聖武皇帝天平元年己巳六月二十五日始て菅原の姓を賜ふ。

《菅家御伝記》

濡渟命弟曰甘美乾飯根命。甘美乾飯命子曰野見宿根。纒向珠城宮御宇垂仁。天皇御世。 喚野見宿禰。与当麻蹶速令力。二人相対立。各挙足相蹶。則野見宿禰蹈殺蹶速。故奪蹶速之地。悉賜之。 仍留住焉。於是皇后日葉酢媛命薨。是時古風尚存。喪葬無節。天皇神襟有悲傷。詔曰止殉奈之為行。野見宿禰奏曰。夫君王陵墓。 埋立生人。是不良也。豈得伝後葉乎。願喚上出雲土部人等。取埴以造作人形。以是土物更易生人。樹於陵墓。為後葉之法則。 天皇大喜之曰。汝便儀寔洽朕心。則其土物始立于日葉酢媛命狭城墓。今狭城盾列池前陵是也。是以土物謂埴輪。 仍下令曰。自今以後。陵墓必樹是土物。無傷人焉。天皇厚賞野見宿禰之功。亦賜鍛地。即任土部職。因改本氏謂土部臣。其後天皇崩于珠城宮。 葬菅原伏見山陵。今菅原御立野中陵是也。土部臣野見宿禰主喪葬之事。皇太子景行天皇。詔充陵戸。 兼守山也。爾来土部氏万葉居菅原伏見邑。土部臣野見宿禰三世孫身臣。難波高津宮御宇仁徳天皇御世。改土部臣賜土部連姓。

甘美乾飯命…甘美乾飯根命。
野見宿根…原文のまゝ。


《菅原氏系図別本三》

 天穂日命十四世孫野見宿禰。垂仁天皇御世賜土師臣姓。三世身臣。仁徳天皇御世改賜土師連姓。十一世孫古人等。天平神護元年乙巳六月廿五日改賜菅原朝臣姓。

《菅原氏系図荏柄本》

 菅原氏。略以菅江両家為大儒正統云々。
天穂日命。天照大神第二御子也。本姓土師宿禰。出雲臣。土師連等祖也。
成務天皇御子。為土師臣子云々。
天穂日命十四世孫野見宿禰。垂仁天皇御宇賜土師臣姓。三世孫身臣。
仁徳天皇御宇改賜土師連姓。十一世孫古人等。天応元年六月二十五日改賜菅原朝臣姓也。

《藩翰譜第八上》

  ●毛利 後賜松平
○中納言輝元入道宗瑞は。参議大江朝臣音人十代の孫。前陸奥守正四位下広元の後胤なり
 家の系図には。平城天皇の皇子阿保親王の御子。備中守本主の子。音人初めて大江の姓を賜ふとしるせり。 新編纂図も是れに同じ。たゞ本主に姓を賜ふと記るせるのみ異なり。本朝皇胤紹運録には。音人を阿保親王の御子の例に載せたり。 然れば大江の姓は阿保親王の御末と見えし。されども。公卿補任には。大江朝臣音人は備中介正六位上本主が男。 先祖本姓は土師なり。延暦天子の外戚を以て。改めて大枝となる。音人に至て。枝を改めて江となす。母は中臣氏。 阿保親王の侍女と云々。拾芥抄に大江は右京の人土師の宿禰浄継。大枝の朝臣の姓を賜ふ。貞観八年三月廿二日大江とす。 此二書に依れば。大江は。もと土師姓なり。新撰姓氏録に。土師は天穂日命十四世の孫。野見宿禰の後也とあり。 されば大江の先は天穂日命より出て。平城天皇の御裔にはあらず。江談抄を見るに。菅家は土師姓なれば子孫多けれども。 官位至らずとて。土師姓の事を誹りてしるす事あり。江帥自ら土師の子孫たらんには。おのが先祖の事。かくはなどいひけん。 公卿補任には。母は中臣氏。阿保親王の侍女とあれば。もしくは音人実は親王の御子なるを本主が子とせしにや。覚束なき事なり。

《古史通或問下》

秦氏之祖我国に来りしごときは秦韓人のこゝに来れるなり秦韓は其始秦人の其役を避て韓地に来れるものこれもまた徐福が事に関れりとも見へず我前に彼古文の我国に伝れる事を疑ひしは別にこれ其説あり旧事紀に神武天皇元年大倭国畝傍之橿原宮にして即位ましませしに皇子大夫率臣連伴造国造而朝賀ありし事見へけりこれ臣連伴造国造等の名聞えし始にて其後或は職号となされ或は姓氏となされし事のごときことごとくに挙べからずまた本朝令に凡凶事には土師宿禰年位高進者為大連其次為少連並紫衣刀剱世執凶儀と見へけり
 此事の始は垂仁天皇紀に皇后日葉酢媛命薨じ給ひし時野見宿禰奏して埴を取りて人馬及び種々の物形を造りて人をもて殉する事に易ふ天皇大きに喜給ひこれより後に人をもて殉ずる事をとゞめられ宿禰の功を賞し給ひ本姓を改めて土部臣となさるこれ土部連等主天皇喪葬之縁也と見へたり日本紀及び姓氏録によるに野見宿禰は天穂日命十二世の孫可美乾飯根命之孫なりしと見へたり
礼に孔子大連少連善居喪事を称し給ひて東夷之子也との給ひしによらむには我国にして善く喪を治るものを称して大連少連といひしがごときは上世以来其因来る所既に久しき事なりしかば彼宿禰之後のごとき連をもて姓となし其職事に従ふには必らず大連少連之号ありしとこそ見へたれその連とみへしは彼国の文字なり牟羅斯といひしは我国の字を用ひし事もなからましかば孔子もまたいかにしてかはかの大連少連二子の事はしり玉ふべきさらば彼科斗古文の如きも此に行はれし事の既に久しくして其後また漢之隷楷の書を伝ふるに及びて彼古文を改めて今字を用ゆる事にもやなりぬらむ
 或は令に見えし大連少連之号のごときは後に礼経伝へし代に始れりなどもいふべけれど連といふ事のごときは神武天皇の御代のはじめに聞へて土師連の事は垂仁天皇の御時に聞へしかば此等はまた皆今字伝らぬさきの代の事也是よりさき彼国の古文こゝに行はれし事必ずなかるべしともいふべからず

《姓序考》

  宿禰
宿禰姓は。天武朝廷の詔に八色姓を改定め賜へるとき。三曰宿禰とみえたり。もとは称言なりしを。此御代に姓にせられし也。宿禰は古事記下巻遠飛鳥宮の段穴穂御子の御歌に須久泥とみえたれば然訓べし。 宝亀四年五月辛巳。足尼為宿禰。とみえたれば。旧は足尼といへりし也。ことの意は。書紀私記に。昔称皇子為大兄。又称近臣為少兄也。宿禰之義取少兄也とある。此儀の称言なりと師のいはれき。 げに須久名延を約れば須久泥となれり。既にいへるごとく。吾兄男は太古の称言なりしをとりて。朝臣姓を置れしにて。須久禰も太古の称言を直に姓にせられしを思へ。足尼宿禰の文字ともにこゝろあるにはあらず。 其字音をかれるのみなり。太古宿禰は称言なりしよしを云ば。穂積臣大水口宿禰崇神紀。的臣砥田宿禰仁徳紀。紀男麻呂宿禰崇峻紀。 坂合部連贄宿禰雄略紀。大倭直長尾市宿禰垂仁紀。武内宿禰。波多八代宿禰。野見宿禰等みな称言なり。穂積臣。的臣。坂合部連。 大倭直などは姓をいへるにて称言なるをしるべし。後世の卿又公といへるたぐひのことゝすべし。天武朝廷十三年十二月戊寅朔己卯。五十氏に宿禰姓を賜へりし氏々は。旧はみな連姓の氏々なれば。 太古の四姓臣連二造にたぐひせば。朝臣姓は太古の臣姓にたぐひし。宿禰姓は連姓にたぐひすべき也。こたび忌寸よりうへに考定めしものは弘仁二年秋七月辛酉。右京人正六位上朝原忌寸諸坂。 山城国人大初位下朝原忌寸三上等。賜姓宿禰。とみえしもて第三に序次せし也。又坂上氏人にかぎりて大宿禰といへり。坂上氏人に宿禰姓を賜へることは。延暦四年六月癸酉坂上。内蔵。文。調。丈部。谷。民。佐太。山口。平田。 等忌寸姓一十六人。賜姓宿禰。とみえて大宿禰と云べきよしはみえねど。同年秋七月己亥。従三位坂上大宿禰苅田麻呂為左京大夫といへれば。こゝの間に大宿禰になされし詔のありしを国史に脱せしならむ。 自是以前忌寸姓なりしとき。大忌寸といふべきよしは天平宝字八年九月乙巳。坂上忌寸苅田麻呂賜姓坂上大忌寸。とみえたれば私に云べきにあらず。故思ふに類族ともみな宿禰姓を賜へるから。殊恩ありて坂上氏にのみ大宿禰を賜へるにて。 太古の大臣大連の例にならへることなるべし。内蔵。文。谷。佐太。山口。平田の六氏はみな坂上氏と同族なれば。是等の忌寸なりしときも。宿禰となりても坂上氏の統領せしなべに。大忌寸また大宿禰を賜へるにこそあらめ。 然ならざらむには。よしもなく大宿禰といふべきことかは。

《明文抄二》 

《案内者巻四》 

《枯杭集巻六》 

《東海道名所記五》 

《難波鑑巻五》 

《南総里見八犬伝第九輯巻之十三之十四》第百十七回

漁村の柳風に靡きて。蓑衣乾す門の夕日影。苫屋の煙天に滅て。友呼ぶ鴎浪に浴す。或は蒹葭の戦ぐ処。 魚を踏む白鷺見れ。一葉繋ぐ械の頭には。羽を曝す鵜鴣在り。長汀弓の像く入江に続き。浮洲箭に似たる水澪建り。 仰ぎて西南を眺れば。夏の富士いまだ装を更めず。遥に東北を省れば。翠の筑波。尚霞を残せり。 武総両国の都会にあなれば。海舶多く錨を卸し。商漁那這に軒を比べて。世渡り易き福地になんありける。然ば又這河辺に。 三観鼻と喚做す出崎あり。什麼何等の由来にて。這名あるやと原るに。看官知らざる所あり。約莫這水際に。 翹て観るときは。右は富士。左は筑波。前面は葛西の曠野まで。杳渺として障るものなく。只一覧にて。 三箇の眺望あり。因て土人字して。三観鼻と唱へたり。鼻は即方言にて。猶出崎といふがごとし。然ばこの出崎には。 千里鏡を貸す茶店あり。飯と酒を鬻ぐ小店もありて。辺鄙に似げなく熱鬧ひたる。折から人許多立聚合て。 児の甘きに附くが像し。親兵衛と孝嗣は。今這出崎を過る程に。其を那なるや。と訝しさに。 心ともなく立寄て。稠人を掻分きつゝ。找み近づきてよく見るに。主僕とおぼしき老壮両個。似而非技をして人を立せ。 をさをさ膏薬を売まく欲りする。逆旅経紀人にてぞありける。そが中に年齢。六十ばかりなるらんと見ゆるは。 東人にて。年歳二十有余なるは。従者なるべし。主僕倶に遠山形なる。染木綿の夾衣を。うち披りて帯をせず。 白栲の犢鼻褌を。高く緊しく引結びて。跣足にて双立たるが。地に画して土苞に像り。そが傍に。天朝力鼻祖。 野見宿祢。家秘神方。撲傷折損搨痍妙薬。荻野上風。相伝精製。といふ。三十言を写したる。幟形なる揉紙の招牌を。 真砂地に推植て。なほも寄来る人を等たり。畢竟這逆旅経紀人。恁地に人を稠して。甚なる技を做すにやあらん。 そは次の回に。解分るを聴ねかし。

《南総里見八犬伝第九輯巻之十五》第百十八回 

《花鳥百談巻第一》 

《本朝語園巻第六》 

《腰折田》 

《和田合戦女舞鶴第二》 

《諸家々業記》附録

五条家を相撲之家之様に申候右ハ菅家にて野見宿禰之後胤たるを以自然に其様に心得来候由

《続飛鳥川》追加 

《橘窓自語巻四》

○相撲人に野見宿禰の故事を引て。菅原家をとうとみ。五条殿に立入する事はすれど。其神あることを云はず。 伊賀風土記の残欠に。手力雄神をまつるよしみへたり。

《雑説嚢話巻之下本》 

《勇魚鳥初編上之巻》 

《画証録》

   相撲人古図 行事等の事
(中略)
○細川家士吉田氏家説相撲故実といふもの有。聖武帝神亀年中。近江国志賀清林といふ者を召て行事に定められてより。 其式委く相備り多年相続の処。節会行はれずなりて志賀も断絶し。後鳥羽院文治年中。二度相撲の節会行はるゝに及て行司勤むべきものなく。 拙者先祖吉田豊後守家次といふもの。越前国に在て志賀家の故実を伝へしより。五位に任ぜられ。追風の名を賜り。相撲行司の家と定められ。 木剱獅子王の御団扇を賜はり。節会の御式相勤めしかども。承久の兵乱より節会又中絶。正親町院永禄年中。相撲節会行はるゝ時。 十三代目追風久例の如く相勤。元亀年中二条関白清分公より。日本相撲の作法二流なきの義にて。一味清風と云御団扇。 並に烏帽子狩衣袴唐衣四幅袴を賜ふ。其後信長公秀吉公権現様御時。度々相撲式相勤。元和五年四月十七日。於紀州和歌山東照宮御祭礼奉行朝比奈宗左衛門殿。 諸事申談相勤。依之御刀一腰頂戴す。十五代目追風に至り。朝廷御相撲も廃絶せらるゝ故。二条家へ相願。万治元年より当家へ罷出。 元禄年中憲牧野備後守殿へ被為成相撲上覧の時。牧野藩士鈴木梶右衛門入門の御願有之。将軍家上覧の式一通り致相伝。 品々拝領なり。元祖より拙者迄都合十九代。相続の古実伝授し来り。当時諸国の行司並力士どものゆるし。拙者方より代々差出す。寛政元年十一月吉田善左衛門。
此書付をみるに。その始祖とする志賀清林といふもの正史に所見なし。先是にて古来の事をいへるも推てしるべし。相撲大全には。 野見宿禰の末孫とて。今肥後国に現在して相撲行司をなすといへれど。右の書付にさることは見えず。虚談多く流布せりとみゆ。

《理斎随筆巻之六》 

《理斎随筆巻之六》

十九 同二十八年。帝の弟倭彦の命薨じ給ふ。葬するに近習のもの生ながら陵のめぐりに埋め立つ。 数日不死。昼夜かなしみ哭く。帝哀しみて曰。是ならはしといへども礼にあらず。自今以後殉死を止めよと。 同三十二年。日葉酢姫薨じ給ふ。野見宿禰葬儀をはかりて。土偶人を始て作り。殉死に代る。帝其功を感じ。土師の姓を賜ふ。これ殉死を禁ぜらるゝ始めなり。

《白石先生紳書巻十》 

《嬉遊笑覧巻之四》武事 

《嬉遊笑覧巻十二下巻》草木

続山井。相撲草も野見のすくねのたぐひ哉 不老子。(中略)雅筵酔狂集。すまひ草野見とむかしに聞名をもおぢてわらはや庭の内どり注に。菫を俗にすまひ草と云

《江戸繁昌記初篇》 

《甲子夜話続編巻二十六》

彼は野見宿禰が裔にて。 往昔の志賀清林といへる高名のすまひの流を継。遠つ祖吉田豊後守家秋。内裏より追風といふ名を給り。 代々角力の有職たるよし。今細川家に仕ふ。此度御覧の式可勤よし仰ごとくだり。めいぼく限りなき物ならし。 (中略)しばしためらひて。追風善左衛門。遠つ祖の内裏より給りし唐衣四幅の袴といへるものを着て。 獅子王といふ団扇の。世々伝へたるを持。ねり出たるおももち。まづゆゑ有りとみゆ。土俵の中央ばかり少し後によりて立。 左右より小野川。谷風ゆたかにあゆみ出。御見物の方を拝し。土俵に入。左右に立並ぶ。今日の御覧は是をむねと。 かみ中下さゞめきたつ。左にかたうどし。右に心ひくもあり。六十余州にゆるされたる手合せなれば。 是に越たる見物有べしとも覚へず。ゆすりみちたるに。行司さしかまへたる団扇の下より。小野川。谷風に取かゝる。 追風左右をとりはなちて。団扇いまだひかず。声も懸ざるに。取懸りたることはりなしとて。しきりにさえぎり。 二たび召合す。しばしためらひて。団扇を引。声と共に西の谷風ふと寄てはねたれば。小野川取合に及ばず。 二足三足たぢろぐ。追風善左衛門。谷風に団扇を揚げ。今日の関に叶へりとて。弓を授く。谷風先のつよみ。 小野川後のよはみとて。勝負決せる也とぞ。あはれ谷風がおさめの手出したらんには。山をも抜つべきを。 かくては事ゆかぬ心地したれど。野見宿祢が蹶速をうしなひ。畠山庄司次郎が長居を絶入させしやうよりは。 事がらうるはしく。さてあるべきにやあらん。

《見聞談叢巻之一》

菅丞相道真字は三祖は清公とて文章博士たり。父是善従三位宰相として文徳清和両朝の侍読たり。 天照皇太神七世の孫天穂日命より十四代出雲国に住せる野見の宿禰と云ふ人あり。宿禰土を以て人の形となし殉死にかへたり。 因て土師氏を賜ふ。其子孫遠江介土師古人。大和に菅原に居れり。因て古人より姓を菅原と改む。古人は清公の父なり。

《見聞談叢巻之四》

崇神帝の時出雲州野見宿禰といへる勇士あり。大和州に当麻蹶速といへる大力あり。 此両人を召して力をくらべしむ。野見力まさりて蹶速か脇骨を折り腰をふみて殺す。是本邦相撲の初なり。 野見には蹶速が領地を給りて都にとゞめて宮づかへせしむ。この人埴を以て人形其外様々のうつわものを作ることをつかさどる。 其末代にさかへたり。菅原氏もこの末なり。

崇神帝…垂仁帝。

《在臆話記巻十二》殉死

野見宿禰。土偶ヲ作リ殉死ヲ禁ジタルハ。暗孟子作俑者無後乎ノ言暗合。 成徳ノ事ナル。徳川ノ初年。列藩大小トナク殉死盛行ハ。 何ヲ以テ然ルヤ。源頼朝モ。足利尊氏モ。織豊二公。東照。台徳二公モ殉死人ナシ。 唯。我輝宗公ノ惨死。遠藤基信ガ納言公ノ強止ヲモ聴カズ。納言公ト義山公ノ薨去十数名アリ。 遠藤基信。古内重広如キ当時ノ大臣。亡君ヲ恋ヘシトテ殉死トハ何事ゾ。民社ノ責任ズル者。何事ゾ。 此等ノ事。諸大藩盛行。殉死人ノ数多ヲ以テ。死士ヲ得ルトカ。忠臣ガ多キトカ誇ル至ル。 一時風尚。此至ル所以ヲ察スル。大猷公ノ薨去。阿部。堀田二氏。 年少。近習ヨリ無二ノ寵遇ヲ受ケ。身ヲ閣老尊貴致シ。十万石ノ領土ヲ賜ハリ。無例ノ恩寵ヲ僥倖セシ感激。 竟殉死スル至ル。識者ヨリ之ヲ観レバ。真一笑スベキ者。 此ハ春日局一男子ヲ抱キ。漂泊無依ノ余大猷公ノ乳母ト為ル。其一男ハ即チ堀田正盛也。大猷公乳兄弟ナリ。 公。愛ヲ慈母喪ヒ。危惧猜疑間成長。春日局。潜行駿府至リ。 東照公訴ヘ。嫡庶ノ分始メテ定マル。正盛ハ此縁ヲ以テ。近習テ公ト寝食ヲ共スル以上ハ。 具サ忠赤ヲ效ス。食邑十万石。大権ヲ握リ。威権。諸勲旧ヲ圧ス。一旦公薨ゼバ。此富貴ハ保ツベカラズ。因テ殉死。 忠節ノ名ヲ貽ス事一決カ。阿部重次ハ。父正次。大坂城代テ。幼ヨリ寵遇ヲ蒙リ。十万石ヲ累食。閣老トナル。 大猷公。斗粟可舂。尺帛可縫。一人ノ弟忠長。何ノ罪アル。駿府ヨリ甲斐三十万石改封。其怨望ヲ聞キ。 岩槻ノ安藤氏推寵。猶其怨徹骨。私阿部重次。汝ノ命ヲ我与ヘヨトテ岩槻遣リ。 忠長ヲ殺サシム。安藤。其家光ノ内旨ヲ聞キ。其幽室外。新タ柵ヲ廻ラシ。膳ヲ備ヘ。察知サセ自屠。何等ノ惨事ゾ。 公ノ薨ズル。重次ハ爾時。吾命ヲ公献ジタルトテ割腹殉死。二人トモ其謂ハレアルモ。 識者ヨリ之ヲ観レバ。十万石ノ閣老ノ所為トハ。秦ノ孟明ノ惴々穴ニ臨ム以後。未曾有ノ事也。然ル列藩諸侯。 此事ヲ伝ヘテ。殉死ハ武家無此上名誉トカ忠節トカ武士道トカ唱ヘ。殉死一世ノ風習トナル至ル。 当時ノ無学文盲。義理暗キ。思ヒ遣ラル。織豊二公。家康。秀忠二代モ。薨去ノ時。一人ノ殉死ナシ。 然ラバ殉死ノ流行ハ。阿部。堀田ノ二氏ガ首唱者也。土津公会津正之托孤ノ命ヲ以テ大政ヲ統ブル。 首トシテ殉死ヲ禁ズ。流石闇斎師事。宋学ヲ講ジ。黄鳥ノ詩ヲ読ミ。 流俗ノ見惑ハズ。断然此令ヲ降ス。往年会津游ビ。公ノ言行ヲ記シタル書。 公ハ水戸義公ト従弟ナリ。学友也。荀孟ノ性善。性悪ヲ論ジ。徹夜至ルト。幕初ノ文盲武愚ヲ一掃スルハ。二公ノ篤学力行ノ功也。

《仙台間語第二》

   ○姓尸
(中略)垂仁天皇二十三年紀云。野見宿禰改本姓謂土部臣。本姓宿禰ヲ改メ進メテ臣トシ。土偶人ヲ造テ殉ニ代ヘシ功ニ依リ。土部氏ヲ賜ヒ。 土部職ニ任ゼラレシ也。其子孫ハ上祖ノ功ニ依テ賜シ氏ヲモ。等級ヲ進メテ賜シ姓ヲモ。連属シテ土部臣ト称ス。

《筱舎漫筆巻之八》

   ○国画復古
冷泉為恭といふ人あり。狩野其同の子也。今年歳十七なるが。才いみじく画尤工なり。狩野家の画風をこのまず。 眼を千載の上につけ。大納言金岡の風を慕ふ。幼穉より皇国の古画をこのみ。漢土の画法をいとふ。 応天門画巻をはじめ。法然画伝にいたるまで。其くはしきこと。衣服。調度。家居。人事はさらなり。 一草。一木にいたるまで。すべて精神をこめて観たることなれば。この屋根障子は春日験記にあり。 この器物衣冠は年中行事にあり。この松桜は一遍上人。この菫萩は加茂祭など。衣冠。装束。甲冑。 刀剱。馬具。舟車の類にいたるまで。これはあの巻物。あれはこの画詞など。すべて暗記ならざるはなし。 いま世の中に皇国の画法は。只土佐家のみとなれるやうに。誰もおもひをるを。北人傑出したれば。 和画再び起りて。地におちざるべし。此人の見て腹にいれられたる画巻左のごとし。
(中略)
相撲節会         同
(中略)
此外。いまだ目にふれざるものはあまたあるべし。巻物ならで粉本類は数しるべからず。ことにゆかしきものは。 冷泉家に写したる山水屏風なり。先金岡時代のもの疑なし。余も一度其物を見たりしが。人物のさまは興福寺なる野見宿禰の画のごとく。 打見てはさながら漢人なり。家居ありて内に貴人とおぼしきあり。酒瓶など又帷幕めくもの。真にふるめかし。 人のもちたる器。尤古雅なり。松。さくら。柳。水鳥。山岳。海水。すべて古色あふるゝがごとし。 又狩野家なる犬追物の模本は。則山楽の親写にて。当時豊臣家の命もて画きし屏風の粉本なり。 此真物の半帖。いま書林勝村氏に蔵せり。希世の珍なり。

同…狩野家。

《萍花漫筆巻之下》

霜月酉の日の市を酉の町とて。下谷龍泉寺町の田畝なる鷲大明神の賑ひ。浅草年の市に劣らず。千住にも此神有て大鳥と称せり。 此神は何れの霊を祭れるにや。委しくしりたる者なければ。由来を尋んと。両社に詣で縁起等をもとむるに。 何の神を祭れるといふさだかなる証拠もなし。神影には衣冠正しき人の。鷲の上に乗て立たる所の像あり。 社僧に事の訳を問へども。しかとしたる事なく。只いつの頃にや有けん。大いなる鷲一羽飛来りて。下総の国安飯といふ所に止り。 人の運を守りたまふと有しより祭る事とはなれりと答ふ。予又問て。左有ば此御神は。下総の国が本社にして。 それより千住に移し。千住より又こゝに移し参らせたるにやといへば。それなりと答ふ。予倩案ずるに。 下総の国大鳥の神社は。祭る所野見の宿禰なり。垂仁帝の御時当麻の蹴早と角力の事有。蹴早を投殺して。 其領地を給はりし事。日本紀に出たり。後に及で帝かくれましましける時。殉死を止てければ。埴師の姓を賜りて土師の連といへり。 殉死は追腹を切事にして。昔は天子崩御有時は。臣下追腹を切て。忠臣二君に仕へざるみさほを立たり。 此時野見宿禰がはからひにて。土を以て人形を造り。是を誰某と名附て。御陵の辺りに埋め。殉死の例をかたく停止せり。 是我朝にて土人形を造りたる始り也。かほどの功有人なりければ。神に祭るもことはり也。運の神と称して。 別て角力役者はいふに及ばず。遊女芸者に至る迄も参詣する事。いはれなきにしもあらず。野見の宿禰は菅相公の先祖にして。 則下総の国大鳥の社人は。菅原の姓を名乗。梅ばちの紋所を附るにてしるべし。
此御神へ。昔は遊女を残らず参らせし事。廓の記にあり。去ば此さとの物日と成りて。益々さとの繁栄をぞ添にけり。
  霜月酉の市にて商人のうりもの左に記せり。

今戸焼土人形 青竹茶筅
とうの芋   熊手
粟黍切餅

祭用酉之日以謂大鳥神開運角力徳信心利益親 桃花山人
        き角
はるを待事の始や酉の市


昔は右に図する所の五品に限れり。今はさまざまの物を商ふ事とはなれり。中にも土人形をうる事。此御神の古ことにかなひたり。

右に図する所の五品…図あるも今略之。

《桜の林巻之一》

   ○土師姓を菅原秋篠大枝と改られし事
続紀卅七巻に。延暦元年五月癸卯。少内記正八位上土師宿禰安人等言。臣等遠祖野見宿禰。造作物象。 以代殉人。垂裕後昆。生民頼之。而其子孫動預凶儀。尋念祖業。意不在茲。是以土師宿禰古人等。前年因居地名。 改姓菅原。当時安人任在遠国。不及預例。望請。土師之字改為秋篠。詔許之於是安人兄弟男女六人賜姓秋篠。 同卅九巻。同九年十二月壬辰朔。詔曰。春秋之義祖以子貴。此則云々。宜朕外祖父高野朝臣外祖母土師宿禰並追贈正一位。 其改土師氏為大枝朝臣。夫先秩九族。事彰常典。自近及遠。義存曩籍。亦宜菅原真仲。土師菅麻呂等同為大枝朝臣矣。 辛酉。勅外従五位下菅原宿禰道長。秋篠宿禰安人等。并賜姓朝臣。又正六位上土師宿禰諸士等賜姓大枝朝臣。 其土師氏惣有四腹。中宮母家者云々。同巻。十年九月丁丑。近衛将監正六位下出雲臣祖人言。臣等本系。出自天穂日命。 其天穂日命十四世孫曰野見宿禰。野見宿禰之後土師氏人等。或為宿禰。或賜朝臣。臣等同為一祖之後。独漏均養之仁。 伏望。与彼宿禰之族。同預改姓之例。於是賜姓宿禰。など見えたるを。延暦元年五月の条は。殉人の土作の事を忌て姓を改めんと願ひしは。 一わたりはさることなれども。かくては遠祖の功もつぎつぎには廃れぬべし。 九年十二月の条は。ひたすら土師の姓を。朝廷にも臣にも忌たまひしと見えたるは。いかなるよしなりけん。 十年九月の条も。土師を忌ての事なり。そもそもかく度々姓を改めむと乞つるは。世くだちゆくまにまに。漢意の盛りになれるによりてなり。 いといとくちをしきことなるをや。
延暦元年ノ条ハ。土師姓ノ勤功ヲ廃ルヤウニハ。其姓カラ願ヒテ為タルナリ。其願ハ延暦十六年四月ニ。 太政官符出テ。土師姓ノ人ノ望ミノ通リニ。凶儀ニ預ル事ヲ永ク停メラレタリ。此事。古事記伝廿五六十八葉ヨリ七十一葉迄。ニ。 委ク記サレタリ。コレ其氏人ドモノ外ノ諸姓ハ。皆吉事ニテ仕奉ルニ。吾姓バカリハ凶儀ニテ仕奉ルコトヲ恥テ願ヘルナリ。 サレドモ御代々々ノ天皇モ。果ハ皆崩ジ玉ヘバ。以後トテモヤハリ一度ハ崩ジ玉フベキ事ナレバ。凶儀ヲ知ル臣下モナクテハ済ヌ事ナリ。 然ルヲ。持統天皇ヨリ火葬ト云フ事始リテ。尊澄云。此火葬てふ事は。いみじうなげかしき事にて。神もいたく悪ませたまへるを。 禍津日の神のあらびにて。きたなき天竺意の盛なるまにまに。天皇すら世々さるかたになし奉るは。いともゆゝしき御事になん。 さるを皇神たちの御守りふかくましまして。つひに火葬の業をなし奉らざるやうになりつるは。いともいともよろこばしき事なりけり。 そは篤胤が古史徴一の巻二百八十四丁に。山陵志を引て。後光明院天皇の崩御る時に。魚売の八兵衛といふものゝ功にて。 此御時より火葬を止められしといへり。いといとめでたき御事になん思ひたまふる。葬送ノ礼ヲモ昔ノ通リニハ為玉ハズナリタルニツキテ。 土師姓ノ人ノ昔ノ通リデハナク。仏道沙汰マジリテ。土師姓バカリノ自由ニモナラヌヤウニナリ。土師姓ノ威勢モ衰ヘツベシ。サテ其時代カラハ。 諸家ノ格式トモニ皆昔ノ通リデハナク。色々ナリカハリタリ。既ニ中臣氏モ神祭ヲ本体ノ姓ナリシガ。大織冠ヨリ変ジテ御政務ノ方ガ本体ニナリ。 意美麿卿ノ家ハ中臣氏ヲモ改メ玉ハネドモ。家柄衰ヘテ。清麻呂公ヨリ後ハ大臣ニ昇リ玉ハズ成ニタリ。ソレガ地下ニナリテ。 祭祀ノ職。祭主ノ官モヒキクナリ。ツヒニ神祇道ノ衰ヘトナレリ。是ト同ク凶儀ノ方モ。昔ハ土師姓ノ自由ニセシ事モ。 当時代ニハ僧ノ自由ニスルヤウニナリシカバ。土師氏モ其職ニ居ル事ヲ慙ニ思ヒタルナリ。コトニ吉事ニ仕奉ラネバ。 イヨイヨ人情ニソムケル事故ニ。此延暦十六年ノ願ヒヲモ出シヽナラム。公儀ニモ凶儀ニ預ル事ヲ永ク停メ玉ハズトモ。 其方ヲバカケナリニ土師氏ノ家職ナレバサセオキ玉ヒ。サテ吉事ニモ預ルヤウナ仕方モアルベキ事ナリ。 ソハタトヘバ天皇崩御ノ時ハ。土師氏ノ惣本家ガ出テツトメ。諸臣ノ葬ニハ末家ノ人々デモスムヤウニ為オキ玉ハヾ。 凶儀ニ預ラヌ人ハ吉事ニモ出ラルヽヤウニナリヌベシ。然ルヲサヤウノ御ハカラヒモナク。永ク停メ玉ヘルハ。 葬送ノ事ハ僧ガスルニテスンダ事ナリト思シ召シヽナリ。ソレヨリ土師氏ヲ名乗ルヲモ慙ルヤウニナレルナリ。 万葉集十六巻ニ。造馬土師志斐麻呂ト云フ歌ハ。コレモ土師氏ヲ慙シメタル歌ナリ。サル故ニ改姓ヲ願ヒシナリ。 菅原。秋篠。大枝。ミナ大和国ノ地名ナリ。是土師姓ノ領地ノ地名ナリ。其故ニ菅原ニ居シ人ハ菅原ノ姓ニナリ。 秋篠ニスム人ハ秋篠ノ姓ニ改リ。大枝ニ住シ人ハ大枝氏ニナレルナリ。歌ニ
    菅原ヤ伏見ノ里云々。秋篠ヤ外山の里ヤシグレラム。
トヨメル則此所ナリ。
 此モ畢竟仏道が邪魔ヲシテ。先皇ノ為オキ玉ヘル事ヲクヅシタルニ当ルナリ。昔僧ヲ尊ミ玉フ事ノ半分ホド。 土師姓ヲモ尊ミ玉ハヾ。其家ノ仕来ノ事ヲ慙テセヌ様ニモナリハスマジキヲ。僧ヲバムシヤウニ尊キ物ニシ玉ヒ。 俗人ヲバ余リニイヤシミ玉ヒケルガワロキナリ。○又云。土師氏ノ多クアル中ニ。自然ト血脉タユル家アラバ。 其家ヲ葬式ヲシル家ニシ玉ヒ。公ヨリモ尊ミ玉ハヾ。此家葬式ヲスル様ニナリヌベシ。僧ト云フ者ニハマカセ玉ハヌガヨロシカルベシ。

軒小録》

   ○人形原之事
右の序に。長準談じけるは。久留米城下の郊外。何の方か人形原と云ふ処あり。余多土偶人山の原に臥し倒れたるもあり。 大。常人の如くにして。様体唐人の如し。古人何の為にすることを知らずとなり。凡べて土中より掘出す。 器物に今の人の見ては。何の用に成ると云ふ了簡の付かざるもの有り。いにしへの祭器明器の類にやあらん。 本朝の古。貴者の葬には。生人を殉葬す。野見宿禰の奏に依り。土偶人を用ひらるゝこと。明に国史にあらはる。 彼人形原の偶人。もしくは殉葬の土偶にてもや有るべき。

《四方の留粕上》

   狂歌すまひ草序
そもすまひてふことのおこりは。たはれうたしたりぶりにももれにたる。野見のすくね当麻のくゑはやにはじまり。また野かわづのなき声よりぞ。太鼓に雨のふることゝはなりぬ。

《百草露巻六》

出雲国大社
○国造 此訓は国に在て朝廷に仕ふる臣といふ事。出雲臣也。先祖は遠神世天照太神。 素盞嗚尊と劔玉の御うけひより生給ふ神にして。御名を天菩日尊と申奉り。此神の御子天夷照命。 又御名天船鳥神。此神。勅命によりて大社の神主とならせ給ひて。 実に一統して他姓なし。菅原氏も野見宿禰よりはじまりて同姓也。昔は一家の国造なりしが。中頃より兄弟に分れ。 北島千家と両国造になれり。両国造勤る次第。大社の大祭は年に両度也。春三月朔日より五日まで千家国造勤る也。 秋八月朔日より七日迄北島勤る也。此両度大御供備へ奉る。又三月三日神宮神事千家。七月朔日より七日迄。此内四日は身退の神事。 此身退には。千家北島両国造共に別殿の仮屋へ移り。本宅は清浄にして。神膳御酒生塩くさぐさの魚。又芋菜色々かざる。 火きり板。檜也。大社祭鎮坐大国主神也。但唐銅の鳥居の銘には。素盞嗚尊。 大己貴命とあれど。こは乱れたる世。毛利家より寄附にて。其頃は国造は今の如くには非ず。千家村に住居して。唯神事のみ社参也。 故祭神の虚実も弁へず。両部の僧なれば時の宜しきに随ふがごとし云云武蔵国国造兄武日ノ命。天ノ穂日ノ命。出雲ノ臣祖名ハ二井宇加ノ諸忍之神狭ノ命十世之孫也。日本書紀によつて考ふるに。 仁徳帝の御宇に。遠江国司。又崇神帝の御宇河内国司といふ事あり。聖徳太子の憲法にも。 国司国造の事見えたり。天武紀に。諸国司国造郡司及百姓等とあり。後世々の国史にも。 往々国司国造の事を載られたり。されど何れの世に国造を罷られしといふ事もなく。いつしか廃せしと思はるゝ也。

《藤岡屋日記第五十八》 

《閑田次筆巻之三》

風竹亭主金子氏は。古器物古書画の類ひ。珍敷物をあまた集へて弄せらる。其中に和泉国大鳥郡百済村より掘出せしといふ古鈴あり。 此わたりは土師氏祖野見宿禰の宅地にて。東に反正天皇の陵。西に履仲天皇の陵あり。仁徳天皇の大仙陵も近し。宿禰の社もその近くにあり。しかれば其代の物成べしといへり。 刀劒類もありしかど。夫は錆腐りて欠損じ。唯此鈴のみ全く存すとぞ。即図こゝに挙。此鈴の歌を。相識人々にもとめられ。おのれには長歌を望まれしかば即詠ず。古物なれば古言もてつらぬ。
 さく鈴の 真鈴はも 遠つ神代の むかしより
もてならすべきよしのありけるならし神風の
いせにいはへるすめ神の宮ゐをめぐる川の名も
いすゞと負へり大きみの大御使にあまざかる
ひなの長路にゆく人もうまやづたひにふる鈴を
しるしとすちふしかれこそおしでにこれをとりならべ
すないものまをすつかさ人あづかりまつるものとしも
伝へきにけれあるときはあふみのおきめむつましみ
おもほすからにつたひくる縄に引かけてかしこくも
ぬでゆらぐちふ大御言ことあげましきこゝにこの
金子のをぢのせるはつぶら真玉の星のごと
三かたにわかれそのたまの中にさゞれをこめつれば
うちふる声のさやさやにすがすがしきがうづもれて
よゝをへにしも時しありていづみのくにの大鳥の
百済のむらに家居せし土師のそこねのふるあとに
顕はれぬとか仮初し見るわれすらもいにしへに
あふこゝちしていにしへをしたへる人の真ごゝろの
しるしにえたるものとのみたゝへことまをすいくひさに
家につたへて朽もせず音もかはらぬたからとし
あがめざらめや此真鈴はも
又因に記す。金子氏に図を写置れしもの種々有。左に写す。

左に写す…図四葉、今略之。

《ふでのまにまに三巻》

 すまひのゆづる
(中略)
また此ごろ活金剛伝といふ二巻の相撲書あり。日本相撲司御行司吉田追風門人松寿楼永年撰としるし。歌川国直歌川国麿が画しかたありてすまひの式つばらか也。(中略)
また上古相撲之節会ニ召出サレシ古今大力士ノ姓名
垂仁帝朝当麻蹶速。野見宿祢。弘光。佐泊氏長
天武帝−大隈隼人。阿多隼人。大井光遠。長居
淳和帝−茂世。腹栲。大神惟明
文徳帝−名虎。伴善雄。奈良藤次。荒次郎
一条帝−私市宗平。時弘。伊世田世。鶴次郎。藤塚目
後一条帝−勝岡。重茂。犬武五郎。白河黒法師。恒正。匠司三郎。公保。小熊紀太。常時。久光。{使太郎。海常也。真髪成村。荒瀬五郎。鬼王
後三条帝−日田永季。紀六。鬼太夫蔵人。王寉。姓古今大力也。小中太
鳥羽帝−小熊伊遠。千手王。伊成。云々
と見え

《錦木雑葉集》

     ○鐸鈴図
○閑田次筆三巻に。風竹亭主金子氏は。古器物古書画の類ひ。珍敷物をあまた集へて弄せらる。其中に。和泉国大鳥郡百済村より堀出せしといふ古鈴あり。 此わたりは土師氏祖野見宿禰の宅地にて。東に反正天皇の陵。西に履仲天皇の陵あり。仁徳天皇の大仙陵も近し。宿禰の社もその近くにあり。 しかれば其代の物成べしいへり。刀剱類もありしかど。夫は錆腐りて欠損し唯此鈴のみ全く存すとぞ。即図こゝに峰と見えたり。 なほまたおのれ見しものなど。ところところにうつし来るを。図しおきぬ。

図…今略之。
峰…


《出雲国風土記》

飯石郡
(中略)
野見木見石次三野 並郡家南西有紫草

《播磨国風土記》

揖保郡
(中略)
立野 所以号立野者昔土師弩美宿禰往来於出雲国宿於部野乃得病死爾時出雲国人来到連立人衆運伝上川礫作墓山故号立野即号其墓屋為出雲墓屋

《和州旧跡幽考巻五》添下郡

   菅原 超昇寺の南
菅原ハ野見宿祢の末葉土師宿祢古人土師宿祢道長などのすミける所なり此人々姓をのぞまれしより光仁天皇土師の姓をあらためすめる所の名なれバとて菅原の姓をぞ給ける続日本紀此野見宿祢ハ垂仁天皇の御宇野見の姓をあらため土師の姓を給ひけるとぞ日本紀天穂日命十四世の孫系図因に菅原の池ハ推古天皇十五年にほる日本紀
万葉
 おほき海のみなそこふかくおもひつゝこひしき奈良の菅原の里 石川女郎
古今
 いざ爰に我世ハ経なん菅原や伏見の里のあれまくもおし
  此歌ハふしミの翁といふ物かたりにありと恵心僧都の勧女徃生義と申造紙にいまめきの中将長井の侍従伏見の翁なんどいふ古物かたりありとのせられたりさやうのもののありさまをよミたりける歌にや又隆縁と申僧ハ伏見の仙人か歌とぞ申侍りし顕注密勘

《和州旧跡幽考巻八》葛下郡 

《懐橘談上》 

《江戸名所図会十六》巻之六 開陽之部

龍山浅草寺 伝法院と号す坂東順礼所第十三番目なり天台宗にして東叡山に属せり
 按るに東鑑に建久三年壬子五月八日法皇四十九日の御仏事に百僧供を修せらるゝと其条下に僧衆の中浅草寺よりも三口とあり又同書に建長三年辛亥三月六日浅草寺へ牛の如きもの忽然と出現し奔走す時に寺僧五十口はかり食堂に集会する所に件の恠異を見て廿四人立所に病痾を受七人即座に死するよしを記せり寺僧五十口はかりとあるときハ徃古も猶大伽藍なる事をしるへし永禄二年小田原北条家の分限帳に浅草寺家分四拾貫九百文を附せらるゝよし出たり
(中略)
本尊縁起曰人皇三十四代推古天皇の御宇土師臣中知といへる人故ありて此地に流浪日本紀垂仁天皇三十一年野見宿祢に始て土師臣の姓を賜ふとあり野見宿祢ハ天穂日命十四世の孫なりとゝにいへる中知も此遠裔なるへし山岡明阿弥陀仏云中知ハ奈加登茂又登茂奈利とも訓すといへり家臣檜熊浜成武成と云二人の兄弟附添て主従三人恒に漁猟を産業としこゝに年月を送けり檜熊或檜前に作る新撰姓氏録に檜前舎人連と云云然時ハ檜前に作て可ならん歟続日本後記に檜前舎人直由加麻呂武蔵国加美郡の人にして土師氏と祖を同するとあり又延喜式兵部省諸国馬牛の牧の中にも武蔵国檜前馬牧とあり是等によるときハ浜成武成も此国の人ならん歟同三十六年戊子三月十八日の朝碧落に雲消て蒼溟に風静なりけれハ小舟に乗し此所の沖に出て網を下すに浅草川むかし海にちかし旧名を宮戸川と称す遊魚ハさらになく幾度も同し観音大士の尊像のミかゝり賜ふ異浦に至りてもいよいよしかり依て主従驚き是を奉持して帰り機縁の浅からさるを思ひて其家に安すといへとも唯臭魚の穢に雑る事を恐るゝのミ世に草刈の同集つて藜をもつて仮の御堂を造るといへる事縁起に所見なしこゝにをひて終に魚舎をあらためて一宇の香堂を経営り彼尊像を安置し奉る今の一権現の地共旧跡なり其後舒明天皇の御宇十年戊戌正月十八日霊告ありて回禄す其後又三ヶ月を経て炎上し夫より回禄七度に及ふといへとも本尊ハ自ら火焔を免れ出給ひて恙なし衆人皆奇なりとす是累年此地ハ漁猟殺生を業として汚穢の所なれハ焼除て無垢の霊場となさんかためかくは本尊示現ありしとそ依て炎上の後霊験いよいよいちしるし後久く堂宇破壊にをよひしを孝徳天皇大化元年乙巳勝海上人東行の次適こゝに来て再営す則当寺の開山と称すこのとき勝海上人本尊の花容を拝して奇異の霊告をかうむり夫より已降秘仏として拝する事なし天慶五年壬寅安房守平公雅大系図に従五位上平公雅武蔵守に任するよし記せり前大平記第六巻に藤原秀郷平親王将門を誅する功によつて天慶三年三月廿九日武蔵下野両国の守に任せらるゝとあり又同書に同四年七月十六日将門記に二月十四日誅すとあり将門純友誅戮の時も両度の戦ひに軍功あるを以て武蔵守に任せられしか同五年の夏任限満すして重病にかゝつて卒す依て公雅を此国の守に任せらるゝとあり公雅ハ常陸大椽国香の弟上総介良兼の長男にして平将門を諫て切腹ありし六郎公連か兄なり当寺に詣当国の大守たらむ事を祈求すいくはくならすして遷任し此国の守となりけれハ霊験の空からさるをあふき奉り本堂をよひ宝塔鐘楼楼門経蔵法華常行六所の社壇六所の社壇いまた考へすを造立し田園数百町を附して長く龍華の暁を期せしむ又長久二年辛巳十二月廿二日大地震動して仏客顛倒せり寂円阿闍梨永承六年に造営す遥に後白河院承暦三年己未十二月四日堂塔回禄す其時本尊火中を出て坤の榎の梢にうつり給ふ承徳二年戊寅四月藤原成実四箇年の間当国を拝任し猶重任の望ありて祈願し霊験あり依代々罕籠の田畑を尋て元の如く皆施入し奉る按に大系図に源成実と云し人武蔵介になりたる事ありこゝに藤原とあるハ誤なるへし其後左馬頭源義朝当寺へ参詣ありて堂塔を修営し彼坤の榎を以新に観音の像を彫刻して納らる其像今内陣に安す臺座に奉行鎌田兵衛政清と書付てあり坂東順礼記に康治年中義朝当寺観音へ詣るとありまた花川戸六地蔵の石灯籠の銘に久安二年丙寅とありて鎌田兵衛の建立なりといへり依て按るに康治より久安まてわつかに五年の間なれハいつれも政清命をうけて普請の事をつかさとりしころの事なるへし又仁安三年戊子用舜法印大衆に同心して仏閣を修営す治承四年庚子十月十七日縁起に八月十七日とあるハ誤なり十七日ハ北条を初宗徒の人々八牧判官兼隆か館にむかふよし源平盛衰記をよひ平家物語等の書に出たり石橋山の戦ひも同廿日の事にしていまた安房国へもいたらさる先なれハ頼朝当寺へ参詣あるへきにあらす又盛衰記に治承四年九月十一日武衛武蔵下総の境なる松戸の庄市川に着たまふと東鑑にハ治承四年十月二日武衛太井隅田の両河を渡らるゝとあれハ八月十七日とするはおほひなる誤なり右兵衛佐源頼朝参詣ありて田園若干を寄附せらる是平家追罰の祈願に依てなり承久三年辛巳にハ禅尼政子二品及相州武州両剌史敬信し願書を捧け白檀の大悲の像一躯と白色の綾羅の帳一なかれ信濃布千端を寄附ありまた伏見院御宇正応二年己丑十月廿一日大輔聖といへる沙門其頃堂宇の破壊を歎十方に勧進して正安二年庚子三月十八日修営落成す其後建武年中将軍尊氏鎮西発向の折から夢想に依て当寺観音へ願書をこめられ同観応三年壬辰今年文和と改元あり南朝の正平七年なり閏二月廿日縁起に三月廿日とあるは誤なり武蔵野合戦にも兼て勝利あらん事を祈願ありて合戦の後美田を寄らる永和四年戊午十二月十三日伽藍回禄すといへとも本尊ハ恙なしこゝに至て回禄九度にをよへり其後嘉慶元年丁卯修行の聖定済なる者勧進の功を募り応永にいたり建立成就せり夫より後天文四年乙未八月十八日炎上す其頃相州小田原の城主北条氏綱当国を領しけれハ破壊の諸堂再興ありて大伽藍とし天文八年己亥五月十八日当寺奉加帳に島津長徳軒大道寺盛冨松田盛秀等の名を注し加ふ是本文の意に合せり又知足軒友山翁の説に元和年中迄の棟札に武州河越城主大道寺駿河守是を奉行すとありと云云忠善上人を以て別当職とす忠善上人ハ北条幕下遠山丹波守の末子なり又其師忠海上人といへるハ摂州細川律師定禅の末葉武州金沢の城主伊丹三河守の子なり三河守宿願の事ありて末子を沙門とし当寺の別当とす是より後ハ代々伊丹遠山の両家より別当職を相続せしとなり然るに元禄年中故ありて或人云貞享二年の事なりとそ別当知楽院権僧正宣存鎌倉へ退居し夫より東叡山に属す当寺本尊ハ殊に
大神君御信仰最厚に依て寺領若干を附せられ寛永十九年二月十九日回禄の後も慶安三年庚寅六月三日手釿はしめありて堂塔御建立ありしよりこのかた公より修理を加へられ誠に無双の霊場となれり

とゝにいへる…とこゝにいへる。
続日本後記…続日本後紀。
前大平記…前太平記。
将門記に二月十四日誅すとあり…割註の割註なり。
剌史…刺史。


《江戸名所図会十六》巻之六 開陽之部 挿図

浅草寺観音大士の出現ありしハ推古天皇三十六年戊子三月十八日なり土師臣中知をよひ檜前浜成武成等の主従三人こゝの宮戸川に網を下して此本尊を得奉りしよし縁記の中に詳なり

徃古土師臣中知をよひ檜前浜成武成等の主従浅草川に網して観音大士の霊像を感得せし比此地の草刈集て藜をもて仮の御堂を作其内に彼本尊を安置し奉りけるといひ伝ふ其旧跡ハ今の東谷一の権現の地なり草刈ハ後神に奉して十社権現といつきまつれり


縁記…縁起。

《江戸名所図会十七》巻之六 開陽之部

一位鷲大明神社 花亦村にあり此地の産土神とす祭神詳ならす本地は釈迦如来にして鷲に乗する躰相なり別当ハ真言宗にして正覚院と号す毎歳十一月酉日を以て祭日とせり縁起曰本地釈迦牟尼如来ハ新羅三郎義光崇敬の霊像にして天喜の昔奥州安倍貞任叛逆を企るの時本尊の示現によりて其軍勝利ありし由を記せとも其説詳ならす
 按に当社鷲大明神ハ土師大明神なるへしはとわの仮字の転せしより謬り来れる歟当社を世俗浅草観音の奥院と称す是に因てこれを考ふるに浅草寺縁起のうちに土師臣中知をよひ檜前浜成竹成といへる漁者主従三人の名を挙たり日本紀に垂仁天皇三十二年野見宿祢にはしめて土師臣の姓を賜ふとあれハこの中知も其遠裔なるへし野見宿祢ハ天穂日命十四世の孫なり古事記に天穂日命ハ出雲臣武蔵国造土師の連等か遠祖なりとあり又続日本紀曰檜前舎人直由加麻呂といへるハむさしの国加美郡の人にして土師姓と祖を同すとあれハ此浜成竹成も武蔵国の人にして主従三人ともに姓ハ土師なるへし古事記に天菩比命の子に建比良鳥命といへる神あり此神ハ土師姓の祖なれハ彼三人の漁者の輩なと此等の神を崇まつりしものならん歟当社に毎歳十一月酉の日祭あり世に酉のまちと云まちハ祭の略語なり此日近郷の農民家鶏を奉納す翌日納る所の家鶏をことことく浅草寺観音の堂前に放つを旧例とすこれ又より処ある歟猶後人の考を待のミ

野見宿祢ハ天穂日命〜遠祖なりとあり…割註の割註なり。

《利根川図志巻二》

 真王山延命寺 岡村に在り。相馬日記巻三云く。岡村の真王山延命寺に詣づ。後の林中の大なる樅の木の下に墳ありて。小き石の小祠あり。 傍に木葉屑に埋もれて。五輪の缺け残れるがあり。四十年前。本尊地蔵薩の開帳せし時。この墳の中より瓶一つ掘り出だせりとぞ。 その時将門が七人武者の塑像と馬の土形といふ物を開帳詣での諸人に見せたりしが。七人武者の土形をば瓶とともにふたたびここに埋め。 二の馬の土像をば駒塚に埋めぬといへり。駒塚は寺の南の傍に在り。この土形どもは。布施の弁天の祠に年久しく伝はりしを。乞ひ求めて将門が時の物の様にいひなししなりとぞ。 按ふにこは古の葬送具にて。土師宿禰が作りいでて。殉死人に易へし物の類なるべし。寺の北の方なる子飼川の流れを堰き留めし太郎堰といへる大堰あり。洲崎の荒松原に弁天の御麁香有りて。 その景色絵に書きたらむ様なり按ずるにこの時嚮導せしは。岡村の林兵衛和田村の由右衛門なるが。この二人の事は勧善録に載せたり。 そも勧善録はさまでならぬ人をも載せたる誚あれど。この二人は。げに載すべき績あれば。引きてちなみに下に記す
 勧善録中巻云く。下総国相馬郡岡村の林兵衛。和田村の由右衛門藤兵衛三左衛門など多く孝貞の友聚まりて。廃田一町九段ばかりを開きけり。 その廃田に渋田麁田などいふ名あり。渋田とは窪き田にて水常に溢れ。稲苗。水の為に腐れ廃るをいふ。麁田とは土質よろしからず。 水も足らぬをいふとなむ。その里の佐兵衛七郎兵衛人名中略など。さる廃田もたりけるを。林兵衛由右衛門藤兵衛三左衛門が輩。 田主に力を合はせて墾開き。今は良田となりて。年ごとの貢米滞りなく奉れりといへり。

《山迹七字城末》

 ○麻十五韵孟冬十二日蘭斎栢梁変体
珠簾鉤待富巓雪節  金輿駕言芳野花
五節飜衣天女舞亨  二条共被昔男
短霄惜影西臺月庸  鎮府題名北畠家
何処夫恋吾嬬恪  摂関老相称妃爺
官池藤浪流無尽節  右陣橘林栽得嘉
耀殿金岡賢聖絵ヽ  奏宮玄上帝王琶
碧湖倒景竹生島庸  白石歴年苔産沙
禁闕祝君千代鶴節  出雲泣叟八岐蛇
剱提十握伝為宝節  席促数奇差以茶
都巽相攸棲喜撰節  土師奮勇殪当摩
菅原跡旧向誰恪  柿本歌残使彼誇
遠浦丹遭朝霧隔士  長秋集賀暮齢遐
亭聴時雨詠無偽庸  関値秋風発幾嗟
盈耳鈴虫繋糸薄椿  揃蹄鞍馬競紛華
矢飛似霰笠懸射節  禄賜如山冠礼加
 野節六  林恪八  坂亨三  学士
 狛庸三  林貢一  大椿

格…恪。

《愚山雑稿》楓菌集

  儒医角力
清公績。躯幹肥大。一人又然。倶酷好角力。一日公績至家。 有人偕婦来謁。乞与主人角力。其風俗古朴。在当麻蹶疾野見宿禰之上也。主人大異。辞却曰。余第好観而已。 実未染指。然固請不已。遂相搏。勢不可敵。忽為所擲。公績恚。不忍視。与其婦角力。亦擲之趨出。急遣門生。 問其姓名。答曰。吾是者擲儒者擲尊。

《万葉代匠記精撰本巻五》 

《万葉代匠記初稿本巻五》 

《通詩選諺解》 

《雅筵酔狂集春之巻下》 

《狂歌すまひ草上》序

そもすまひてふことのおこりはたはれ哥したりぶりにももれにたる野見のすくね当麻のくゑはやにはじまりまた野かはづのなき声よりぞ太鼓に雨のふることゝはなりぬ

《狂歌才蔵集巻第四》

  相 撲塒出たか久上毛
勇むらし寄らばけはやの勢にかたづをのみの宿禰がたにも

《狂歌題林集巻四》秋部上

  相 撲
(中略)
組合て互にりきむちから水のミのすくねの流とそしる      負米

《巴人集》

   狂哥すまひ草序
そもすまひてふことのおこりはたはれ哥したりぶりにももれにたる野見のすくね当麻のくゑはやにはしまりまた野かはづのなき声よりそ太鼓に雨のふることゝはなりぬ

《続山井四》秋之発句中 相撲草

相撲草も野見の宿祢のたぐひ哉     勢州不尤子

《滑稽雑談巻之十三》七月之部上 

《俳諧歳時記栞草秋之部》す 七月 
個人別史料に戻る