大坂独吟集
《大坂独吟集上》

 鼻は袂。涎は懐をうるほし。余念なき腹の上に指を折も。 いくつね幾つ起て。それも是もと待かねし春の日も。ちよろり暮ては又々明て。わが年も今朝老て。 二度児の楽とあどなきことば。ふつふと出次第。しからば怒れしかるとまゝよ
 喜 楽
(中略)
秋まつり古ふんどしも時を得て
 相撲の芝居ゆるされにけり
位にも昇る四条の役者共
  清和の御位河原者に成候か。乍恐誹諧御免とこそ

《大坂独吟集上》

 伏見の里に日高につき。下り舟待いとまありければ。西岸寺のもとへ尋ねけるに。折ふし淀の人所望にて。任口
鳴ますかよゝよゝよどにほとゝぎす
めづらしき句を聞。我もあいさつに此句を言捨。其よもすがら。ひとりねられぬまゝに書つゞけ行に。 あかつきのかね八軒屋の庭鳥におどろき侍る。
 鶴 永
(中略)
はや七日寐覚の床のゆめうつゝ
 勧進ずまふありてなければ
  ゆめかうつゝか有てなければの本歌。此句のためによみ置たるかと思れ候。但丸山岸左門にたづねたく候
白紙は外聞ばかりの花野にて

丸山岸左門…丸山岸右衛門。

《大坂独吟集下》

 俳諧の小兵者。やり句を提。硯にむかひ。上の五文字にまかす
 悦 春
(中略)
 後の出がはり過るますらお
相撲取高円山と名のりけん
  高円のむさゝびの介となのり候か
 雲の余所なる布袋大こく

詩歌に戻る