おらが春
《おらが春嘉永板本》

荷をわけて艀下へはこぶくれの月  祥
    角力にかりる普請場の跡  霞
棚経はみなそこそこにしてはしり  之

祥…迎祥。
霞…鳥霞。
之…一之。

詩歌に戻る