芭蕉連句
《芭蕉連句》延宝7年 見渡せば

 腰の骨いたくもあるゝ里の月   青
    又なげられし丸山の色   春
片碁盤都の東花ちりて       青

青…桃青。
春…似春。


《芭蕉連句》元禄元年 初秋は

    施餓餽過たる入相の幡   翁
浅瀬川むかふに角力とりそめて   風
    樽切ほどき月を酌けり   宣

施餓餽…施餓鬼。
翁…芭蕉。
風…如風。
宣…安宣。


《芭蕉連句》元禄2年 馬かりて

    花野みだるゝ山の曲め   曾良
月よしと相撲に袴踏ぬぎて     翁
 鞘ばしりしをやがてとめけり   北枝

《芭蕉連句》元禄2年 いざ子ども

羽箒の風やむ跡に軸まきて     梢風
   居ずまいはじむ月の小莚   三園
鹿の声簑のかり着の哀也      土芳

《芭蕉連句》元禄5年 鶯や

座敷には行灯つける暮の月     翁
   機織るきぬは角力取の帯   同
何所の田へゆくやら厂の鳴連て   考

考…支考。

《芭蕉連句》元禄5年 両の手に

  風ひやゝかにきれぎれの雲   角
傍輩に相撲の打身いたはられ    翁
  帯ほころばす金のたしなみ   雪

角…其角。
雪…嵐雪。


《芭蕉連句》元禄6年 其冨士や

   蚤のむしろをたたく秋風   虚谷
此ごろはとり後れたる相撲取    沾圃
     みな坂本は坊主百姓   芭蕉

《芭蕉連句》元禄7年 荒々て

脇指のこじろの露をぬぐふ也    力
   相撲にまけて言事もなし   
山かげは山伏村の一かまへ     翁

力…配力。
…猿雖。


《芭蕉連句》元禄7年 あれあれて

わき指の小尻の露をぬぐふ也    刀
   相撲にまけて云事もなし   
山陰は山伏村の一かまへ      翁

前出「荒々て」の定稿か。
刀…配力。


《芭蕉連句》参考 貞享3年か はつ雪や

引肌に田舎めきたる箔をして
     角力が宿の高き天井
升市の土産にくだをまきにけり

《芭蕉連句》参考 元禄5年か 力すまふ

力すまふ津手烈しきや一嵐    嵐雪
    一あらしに心勝負ならん。誠に木を
    倒し巌をまろばすあき風の力を
    爰に比興すればや。
   あふぎをたゝむ人々の秋   支考
望の夜の鴈がね氷るかげ澄て    其角

《芭蕉点巻》貞享4年か 一夜一夜

     送り松明しめる晨明
宮の馬場相撲はみてゝ帰る也   子
    笠取直し鶉おさへる   桐

子…探丸子か。己子か。
桐…一桐。


《芭蕉点巻》年代不詳 春雨や

     落葉ちり浮秋の飯銅
呼集すまふとらする明屋敷
   赤土こねし跡くろくなる
詩歌に戻る