蕪村連句
《蕪村連句》元文4年 枯てだに

 ぴかりぴかりと太刀の魚煮   執筆
角力宿いがんだ家の違棚      宋阿
   宮の金具のはねかへる霜   百太

《蕪村連句》寛保2年〜宝暦元年 おもふこと

    信濃につゞく新瀉の月   義
百疋の花を角力のあやにとる    来
   赤とんぼうの染あへぬ尻   宕

新瀉…新潟。
義…存義。
来…春来。
宕…雁宕。


《蕪村連句》宝暦8年 我宿と

月の連観音堂に指を折       盛住
   身には入ずや相撲取とも   武然
淋しさのあつまる鴈の国境ひ    故郷

《蕪村連句》安永2年 烏帽子着て

月の庭大百姓とうち見へて     多少
  無理な手を取角力なりける   几董
禄賜ふ司あらそふ秋中に      一音

《蕪村連句》安永3年 啼ながら

    雁瘡かゆく鴨脚ちる頃   瓜
昼の月雲天井の神角力       赤
    禁酒を悔む秋の寂しさ   甲

瓜…梁瓜。
赤…魚赤。
甲…嵐甲。


《蕪村連句》安永4年 月うるみ

   曇りもあへずいざの月   村
大床に翌の角力を召れけり     立
   嚔しばしばしのべども秋   魯

村…蕪村。
立…道立。
魯…大魯。


《蕪村連句》安永5年 かんこどり

   梺田かけて稲のあからみ   村
氏神を相撲にいさめ奉り      柳
  童子が首のわたるざゝめき   村

柳…二柳。

《蕪村連句》安永8年 笈脱だ

木造りを又呼戻す暮の月      百花
    角力の谺雲をつらぬく   嘯山
田刈哥訛気ぬいて笑はせる     経童

《蕪村連句》天明元年 耳目肺腸

    橋ひとつ越旅の初秋   正伯
馬士を角力の関に撰ぶらん     維駒
    手して盛なる桶の染飯   月居

正伯…正白。

《蕪村連句》天明3年 花咲て

   肩もあらはにやゝ寒の空   如瑟
提して酒をたまはる角力取     五雲
    左の大臣入おはします   春坡

《蕪村連句》天明3年 涼さや

     雰さへ深き道芝の露   佳棠
祭待在のすまひの地取して     如瑟
    風にかはける棹の手拭   維駒

《蕪村点巻》安永6年以降 兵庫点取帖

我が力の余りて転る角力哉
(中略)
巻軸
 負角力あしの浪花のうはさかな  大石士喬

巻軸…朱書。
詩歌に戻る