新撰狂歌百人一首
《新撰狂歌百人一首》

狂歌の道未得卜養か後は世にたえて唱る者もなかりけるに橘洲のぬし安永の比和哥の会のありしに席上の人々をそゝのかして戯れたる題出して狂哥よませたるかはしめなりざれたるつくり名は赤良のぬし大根の太木なとはしめられしなり今狂哥角力とて物することは天明のはしめ普栗釣方といふ者人々の哥をあつめて赤良のぬしの判をこひて甲乙のけちめをしるし木にゑりて出せるかおこりなりそのかみかりそめにしいてたることのかうさまに世にはやりゆくやいにはなりにたりとて橘洲のぬし常にかたりてわらひ給ひき

《新撰狂歌百人一首》

  十三夜月
住吉の昼の角力の手より又さしこむ月にうこかれもせす

同…カヌマ六尺庵捻。
詩歌に戻る