新続独吟集
《新続独吟集上》

     しめる踊や月の笠ほこ
見物も小相撲の場ハさめにけり
    砂地のあつきなかに夕立

《新続独吟集上》

   はたの帯さへ置わすれぬか
相撲とりとはいはれしと昔にて
     あはれ力も落る秋かせ

《新続独吟集下》

  のちの出かハり通るますらお
相撲とり高■山と名乗けん
     雲の■■なる布袋大黒
詩歌に戻る