さゝめごと
《さゝめごと二巻本系統下》

歌道にいれる人の。さまざまの能藝を混して稽古ある輩。おほく見え侍り。よろしき事にて侍るやらん。
古賢の語り侍りし。諸道に真実の賢出の人は。よの能藝あるべからずといへり。されども。諸道に相資相反して。混合して宜しきもあり。 悪しきもあるべしとなり。学問仏道修行手跡などは。歌道に相資の道なるべし。又。碁将碁双六など博奕の類は。相資のつれなるべし。 又。楽器の絃管のさまざまの類は。舞音曲に相資の道なるべし。又。鞠相撲兵法などは同じ道也。歌道仏法学問に。囲碁双六相撲などは相反とて。大に悪しきたぐひなり。 古人も。大国にも独歩の人とのみ言ひて。まことには。一藝一能をのみ修行稽古とゞけたらむ輩。道の鏡にもなり。世の名誉はあるべしと先達語り侍り。

《さゝめごと改編本系統末》

○歌道に入れるともがらの。さまざまの能芸を混合して稽古する。苦しからず哉。
先賢たづね侍る。諸道に真実の間出の人は。他の能芸あるべからずといへり。されども。もろもろの道に相資相反とて。ならべて学ても苦しからざるも侍り。 又。ことのほか悪しきもあるべしとなり。歌道に仏法修行学問手跡などは相資の道にて。いかにもよろしかるべしと也。此外は。いづれの能芸も歌道には敵なるべしと也。 碁将碁双六博奕。このたぐひはみな一つの道にて相資なり。又。楽器絃管舞音曲。このたぐひは一つつれにて。学び合てもくるしからず。又。蹴鞠相撲兵法などはおなじ道なり。 諸道に心ざしの人は。此相資相反の用心大切のこと歟。まことには古人も。大国にも独歩とて。一道を歩む人天下に名を得るといへり。
詩歌に戻る