仙臺大矢数
《仙臺大矢数巻之上》第一 合拳花

  頗霧ハ仁王たちして
其むかし唐より渡るすまひ島
  通事て煮るや鴨のいり首
小便道よとミにたまるくすり喰

《仙臺大矢数巻之中》第十一 異端花

女七夕筒井の水をひさけに入
惟高の勧進相撲立たまふ
  天の川原に摂待の月

《仙臺大矢数巻之下》第二十四 娥眉花

  下帯をよむ哥の判者か
丸山は力をも入ぬ土俵の花
  そのかミ紀州にはのきく鶯

《仙臺大矢数巻之下》第二十六 束泡花

和漢朗詠勧進帳と名付つゝ
  上下ふたつにわかてる相撲
伊豆相模前ぎわにたつ雲霧の
詩歌に戻る