柿園詠草
《柿園詠草二》

   寿老人と大黒天とすまひとる
しろがねもこがねもつきじ玉の緒のながき世かけていざくらべてん
詩歌に戻る