式目秘抄
《式目秘抄》

一。水辺体用之事
 (中略)
相撲は。諸国より供御人をあつめて。天子。仁寿殿にして。廿六御覧。近衛方次将分て内取と云々。 相撲人。犢鼻の上にかりぎぬ袴をきてとる也。廿八日。召合あり。天皇南殿出御あり。万葉に。ことりづかいと相撲の使をよめり。 廿六日。諸国へ次将使を被遣名也。左右近衛官領也。
  かた分てことり使のいそぎしはけふの抜てのためとなりけり
又。廿八日抜出とて相撲をすぐりて御覧あり。神亀三より始也。

神亀三…相撲人貢進の始めは神亀五年。
詩歌に戻る