其袋
《其袋下》秋之部 相撲

すまひとり傾城の名にまぎれけり   冰花
兄弟も勝ことおもふすまひ哉     花蝶
投られて礼して這入すまふ哉     立吟
  病後
すまふとる心になりぬ秋のくれ    尚白

《其袋下》秋之部 閑

そよぐたびとりならひけりすまふ艸  三翁

《其袋下》

大魚の綱引踊舟競ひ        李下
   上にしたがふ荒ずまふども   冰花
つり替に女はしづむ金秤       嵐雪

《其袋下》

渡しさす舟守どもにうち返     立吟
   すまふの意趣をとぐる一村   嵐雪
小新発意勢は秋葉の二三尺      立吟
詩歌に戻る