そのしをり
《そのしをり》

やが上にみやと賑ふ月の秋     亀文
  下り角力のさたのとりどり   足
朝夕はよほど身にしむ番代    里

足…葵足。
里…泰里。

詩歌に戻る