炭俵
《炭俵上巻》

  三 吟
(中略)
片道は春の小坂のかたまりて 野 坡
 外をざまくに囲ふ相撲場嵐 雪
細々と朔日ごろの宵の月利 牛

《炭俵下巻》秋之部

  題しらず
相撲取ならぶや秋のからにしき 嵐 雪
詩歌に戻る