附合てびき蔓
《附合てびき蔓》

  畳語の事
  (中略)
○初裏の月より秋三句のつゞきて。花の座にうつる時は。花前。秋の句也。其時は心ある事也。
露霧雁鹿相撲などの類ひ。秋にも春にも取なさるゝものにて季をむすび。花の句へわたすべし。
又冬の句に春を附ゆく事。只月とばかり出たる句に。他の季を附出しゆく事は。前句をよく見込て。季節に無理のなきやうにあしらふべし。
詩歌に戻る