太祇句選
《太祇句選》秋

家づとの京知顔やすまひとり
裸身に夜半の鐘や辻相撲
勝迯の旅人あやしや辻角力
引組で猶分別やすまひとり
詩歌に戻る