為忠家後度百首
《為忠家後度百首》雑十五首

   相撲節
すすみいでてひさごばなとるすまひをさのつきづきしくもきさりよるかな
さしかねてなげまふよりもすまひをさのひさごばなとるけしきまづみよ
ゆふがほにあふひのはなのさしあひていづれかいろのうてんとすらん
あさぎりのたちながらこそうてにけれいでつるかたやおぼえざるらん
ただあはせのゆみとるかたをかたひかんひだりすまひのつよくみゆれば
いつしかとうらてにいでてうてぬればはづかしげなるゆふがほのはな
とりものにかほはかくれてみえわかずいづるうらてはたれにかあるらん
やぶれやのよわげになびくすまひかないでてささみよわがかたのすけ
詩歌に戻る