太郎河
《太郎河上》

籠ぬけ耳の書に恩はなき
物こける音を浴ヒたる角力とり
下臈のはとつくおさまる

《太郎河下》

障子明れは手の届く稲
角力より能の太鼓は拍子ぬけ
さりとては又後家の口紅粉
詩歌に戻る