貞徳誹諧記
《貞徳誹諧記巻之上》西武独吟

春風にまけぬ吹革のその当り
   吹革は狐の皮にてすれば也。春の季いれば春風にまけぬと句付る也。
鍛冶はすまふに弓の弦取
   吹革より鍛冶を云。まけぬと云より相撲を云。すまふのせきに勝ぬれば弓の弦を取也。
番匠やひけを蒙る月の暮
   鍛冶に番匠と付る也。かぢはかちて弦をとれば。大工はまけてひけをかふむる也。月ずまふ也。

《貞徳誹諧記巻之上》季吟独吟

及ざる恋風ひきてふしなやみ
  はだかで雪の夜半のすも取
寒ごりといへど勧進いれざりし
詩歌に戻る