点滴集
《点滴集巻第三》

  相撲草
花生やなけ入にせん相撲草      南都如塵
二葉よりわれを見せけり相撲草    大坂西里

《点滴集巻第三》

  相撲
下帯や玉もかしこくなけ相撲     正甫
としふんやまつさかさまになけ相撲  正的
色見るや相撲も立かた赤ふとし    南都西流
下帯やあたにちきれてわれ相撲    岩城盛也
上相撲中とに有物は力なし      宇多秀綱
人の力争ふへからすわれ相撲     伊与定玄
お相撲や力も井手のかはつかけ    岩屋西学
浪かしらとふとなけけり相撲なた   南都西任
捨小舟われに成けり相撲なた     大坂西
相撲取や志賀からさきに一ッ松    大坂丸鏡

同…大坂。
詩歌に戻る