飛梅千句
《飛梅千句》第四 茂松 賦練何誹諧

  たしかな証拠有明の月    西伊
雲と霧しれて行司か分る也    西虎
  尾上にみたれ一むら薄    仁交

《飛梅千句》第六 色替松 賦肥何誹諧

  松田浮舟深ひ分別      西長
すでに負を四つ手崩しといふ物に 西雪
  古風のつけあひ今さつて露  友雪

《飛梅千句》第九 冬梅 賦漬何誹諧

  十貫目ほと一いきについ   友雪
あげ物に花をふんたる力あし   仁交
  きのふのはしやけふ数え様  満平
詩歌に戻る