鶴岡放生会職人歌合
《鶴岡放生会職人歌合》

  九番 左            相撲
日は入りて月こそ空にねり出づれ独ずまひの心地のみして
とりもあへず心に人をかくれどもいさとよそれもうつるならひは
 右              博労
御空行く月毛のこまをひきとめてひのくま川にすそやあらはん
なべて世の人にたなれのあだ心つけずまひこそよしなかりけれ
判云。月は。衆星あれども一月にはしかずと申すとあり。をかしく思ひよそへて侍るかな。 ささのくまにかげをだにといへる歌をとりて。すそあらはんといひなしたる。興あるべし。為持。恋は。両方の作者。 申しなれたる詞づかひ。思ひならはしたることくさ。歌となりてもいひしりて侍るべし。さるにても左うるはしく侍り。為勝

詩歌に戻る