柳籠裏
《柳籠裏三篇》四月十八日

へのこをばどこか仕廻ッて角力出る 狐声
詩歌に戻る