雪颪
《雪颪》

  第六    平砂
    猪狩は済む芋を荒さん
角力とり取揚婆々にめぐり合
     敵のしれた翌が大水
此大水聞へず。前句は角力取が。我を取揚たる婆々に。めぐり逢たるといふことなるべし。持て廻た句作ながら。 是は堪忍もすべし。夫に。敵のしれた翌が大水と如何付たる事ぞ。角力が敵をねらふにや。前句に其姿見えず。
    鐘の供養の門で押るゝ
せめてかくもあしらひたらば。足弱のもまれいる群集の中を。彼角力の何某が押分て。婆々に能座をとりてやりたるさまもあらんか。其場の会釈なるべし。
詩歌に戻る