続猿蓑
《続猿蓑巻之下》春之部

  春 草
(中略)
堤よりころび落ればすみれ哉 馬 

すみれ即ち相撲草ゆゑに転ぶに響かしむるか。
詩歌に戻る