増山井
《増山井上》

扇車。俳。扇引。同。扇ずまひ。同。団扇。同。唐団。同前。

《増山井下》

相撲ことり使。万葉。童相撲。公事。辻すまい。
是は諸国の供御の人をめしあつめて。七月に相撲の節といひて。天子の御覧する事也。万葉に相撲使と書て。ことりつかひとよむ。是は諸国のすまひをめす使ひの事にこそ。年中行事歌合。寛平七年に童相撲を御覧す。公事。季吟案るに。相撲の秋になる事は七月のおほやけ事也ければなるへし。今の世にはいつもすまひは侍れど。うちまかせては辻すまひといひてもすべて秋に用る也。

《増山井下》

すまひ草同。相撲によせて歌にもよめり。

同…俳。

《増山井下》

桂宮相撲八日。かつらのみやは六条の北。西の洞院の西一町也。拾芥。

八日…九月。

《増山井下》

住吉相撲会十三日。拾芥。

十三日…九月。
詩歌に戻る