続山井
《続山井一》秋誹諧連歌

    看雲興行に
  きけばほしやと思ふかりがね
骨ぐみのつよくばまけもすまひとり   季吟
  ぬけてちからは露程もなし
かうびんの十筋右門がまけ相撲     可全

《続山井三》夏之発句下 扇相撲

扇相撲取も腰より抜出哉        玉椿

《続山井四》秋之発句上 相撲

お名乗もえまうすまひの上手哉     奥州日野氏好元
つゝとよりてつゞけざまにぞかちずまふ 如貞
弓取やかくれなかりしかち相撲     風鈴軒
都にて田舎相撲やのぼりがけ      丹波黒井退歩
膝皿はとりはづしてやわれずまひ    奥州中井氏正成
居相撲をとるはたゝねどやごゑ哉    大坂順也
からき悔や帯をとられて負相撲     保友
まけ相撲名こそ惜けれかいなぞり    如貞
手いたくもこかす相撲やかいなぞり   尾張之也
まけてこそよしなよしなの関ずまひ   伊賀政好
羽がへしの手やしら鳥の関相撲     常信
大兵や手にはゞかりの関相撲      友静
いたくなぐる中もや不和の関相撲    古玄
むすぶ手やあかでも人に破相撲     風鈴軒

《続山井四》秋之発句中 相撲草

相撲草も野見の宿祢のたぐひ哉     勢州不尤子
置露をあげておとすか相撲草      豊前中津三範
相撲とる草葉や露をちからがみ     津国忠次
すまひ草掘とる手もやしばがへし    友静
吹風に芝居返しや相撲草        摂州直昌
もみあはす風は行司かすまひ草     江州堤氏如誰

《続山井五》冬の発句下 紙子頭巾

相撲ならで取やかちんのなげ頭巾    正次
詩歌に戻る