随斎筆記
《随斎筆記上巻》

 湖をうれしがりけり角力取     江州宇洋
 (中略)
 行秋やまけて旅立角力取      ゝ
 (中略)
 角力取露の妻子もありと聞     ゝ
 (中略)
 霜がれや壁ぬつて居る角力取    ゝ

ゝ…于当。
ゝ…成美。
ゝ…茶静。


《随斎筆記下巻》

 おどけても角力になるや宵月夜   国村
 (中略)
 勝角力東海道を下りけり      ゝ
 (中略)
 蚤取てうれしがりけり角力取    ゝ
 (中略)
 古郷や雪車に乗たる角力取     越前仙草
 (中略)
 涼しさの親子角力や門の月
 (中略)
 酒樽で友達まねく角力哉      ゝ
 (中略)
 母親に見送られけり角力取     ハリマ青羅
 (中略)
 月影や見れば名もなき角力取    長サキ菊也
 (中略)
ヽ角力とり露の妻子もありときく   ゝ

ゝ…素玩。
ゝ…松宇。
涼しさの…雲里が句。
ゝ…白飛。
青羅…青蘿。
ゝ…成美。

詩歌に戻る