平成30年11月場所概評


平成30年11月場所概評

過去の概評
平成30年 3月5月7月9月 

 平成10年3月から20年続けました当場所取組結果ですが、制作時間を取るのが難しくなってきたことと、平成23年9月から26年11月まで中入後全取組を載せた出版物がなかった時代を過ぎ、 今や手捌きを載せる出版物が3誌あることから、役目を終えたものと判断して30年1月を限りに掲載を終えることとしました。 しかしながら、楽日に附載しておりました寸評を望まれる声をいくつか頂戴しましたので、当面の間、寸評のみ継続して制作いたします。 「寸」にしては長すぎ、「総評」としようかとも考えましたがおこがましくあるので、「概評」と称することにしました。 記載事項の概要としては、当場所取組結果の頃と同様ですので、27年1月に記したものを以下に写します。
「まず、力士評に採り上げる力士については、次のような原則に拠っております。 まず役力士は、皆勤者全員及び休場者のうち書くべき事項があると筆者が判断した者ですが、あまりにも内容が低すぎると考える場合は一言で済ませたり、省くことも(関脇小結には時として、横綱大関も稀に)あります。 平幕力士については勝ち越し者のうち内容が優れていると筆者が考える者を原則としますが、負け越し者でも進歩があって筆者が喜ぶ場合は特掲することもありますし、 逆に大勝した者や賞を受けた者の中で内容があまりに伴っていないと感じた場合について記すこともあります。場所全体の評は、優勝争いよりも相撲内容を重視します。 また、目についた疑点を附記することもあります(これは内容に応じ発生当日に記載する場合もあります)。」
 引退力士の扱いについてもほぼ同様ですが、概評のみの掲載となったため、「原則として引退声明日に掲載」という基準を採ることができません。 幕内経験者で、前場所の概評執筆終了後から、当場所の概評執筆に間に合った分まで、ということになります。
平成30年3月

旧・当場所取組結果はこちら

Homeへ