平成28年大相撲函館場所観戦記(一)
稽古

 昨年は札幌2日間しかなかった北海道巡業、今年は函館・苫小牧・札幌で計3日間、さてどれにしようかと考えた末、函館を選んだ。 券を取ったのは6月12日、もう1階椅子席は最後尾ぐらいしか残っていなかった。

 今年の函館場所は「北海道新幹線開業記念 函館アリーナ開館1周年記念」と銘打たれている。開館日は昨年8月1日ということになっているが、 それに先立つ7月25・26日、GLAYによるこけら落とし公演で華々しいスタートを切ったのがこの函館アリーナであった。北海道新幹線は今年3月26日の開業、 記念するだけのことはある。新幹線が目の前を…んなわきゃぁない。

 全席指定なのだが大した行列で、先頭は朝7時すぎから並び始めたそうだ。入りはおよそ4,000人だったとのこと、8月19日の金曜日だというのに、朝稽古から客足はたいへん好調だった。


 土俵では、幕下以下の力士による申し合い稽古。周囲を見渡せば、正代あたりはかなり早くから顔を出していた。 握手会も健在、2階のバルコニーで朝の涼しい風を受けながら。但し握手のみということになっていて、記念撮影はNG。たぶん渋滞予防ということなのだろう。


 さてここから稽古のレポートとなるのだが、稽古の内容は良かったのに、CFカードが不調で写真が消失した。撮った映像から切り出してみる。

 臥牙丸が早くから土俵に姿を見せて、それを皮切りに続々と関取衆が顔を揃えた。臥牙丸はこう見えて案外足が上がる。土俵上では逸ノ城も四股を踏んでいた。 この両巨漢、四股を一つ踏んでからの休みが長い。

 そして取的が関取に胸を出してもらったが、2番目に出てきた臥牙丸、右肩がそんなに頑丈なのか、2回目で鼻を破壊してしまうハプニング。


 胸を出す千代翔馬、申し合いでもかなり目立った。箒が入って、ここで取的の稽古は終了である。土俵上、箒に構わず四股を踏むのは豪栄道。この頃には照ノ富士も姿を見せていたが、四股を踏んだくらいで土俵には上がっていない。

 充実著しい千代翔馬、左前褌からの攻めで正代を一蹴する。千代翔馬と正代、番数はかなりのものであったが、その出来は雲泥の差。このあと正代は臥牙丸とも取ったがあっという間に運ばれた。かねがね腰高をしつこく言われているが、それどころか踏み込みもなく、差し方もひどくて攻められやすい。


 向正面から撮っているので右が東、東から出た大栄翔は組めば左四つだが、誘われて組まされるだけで、四つになったら何もないという評が専ら。 ではどんな稽古をしていたかというと…殆ど突っ張らないで左四つになろうとしていた。その立ち合いは、松鳳山のようというべきか、悪いときの豪栄道のようというべきか、 額で当たったり左肩で当たったりしていたが、踏み込みが良いわけでもないし膂力に秀でているわけでもないしで、相手にとっては何も怖くない。 右は万歳、左差し手もまるで生きず、上手を与えて歯が立たない。錦木を相手に迎えて最初は左を差そうとしたが、そのあとは得意の突っ張りから左四つに持ち込んだ。 ここまでの流れは良かったのだが、左下手の使い方が悪い。錦木じっくり右上手、引きつけて寄り切る。大栄翔の四つの道のり、先は長そうだ。


 関取衆の稽古、前半の締めくくりは、西から大関豪栄道…その前に、四股を踏んでいた稀勢の里について一言。稀勢の里は、足をおろしたあとに腰を割らない。いまだに割り箸のような恰好で相撲を取ることがあるのは、ここにも原因があろう。

 さて豪栄道だが、稽古場では物凄く強いと言われているのがよく分かった。脇の甘い豪栄道が右肩から当たって差し手争いに勝ち、右を返して突っ走る。左四つになっても額をつけて右で横褌を取れば問題ない。 正代も錦木も全くの子ども扱いで、全然問題にしなかった。


 日馬富士は稀勢の里にやや遅れて土俵に姿を見せ、両手で錘を握ってトレーニングに励んでいたが、これを佐田の海に貸し出し、次いで旭大星にも貸し出してご満悦だった。 そのあと日馬富士は、両手で袋をぶら下げ、一貫して上体のトレーニングを続けたが、土俵には入らなかった。他の力士を少し追いかけてみると、 明徳義塾の同窓、宝富士と徳勝龍はずーっと2人で連れ立っていて、徳勝龍はこれといって何もしなかったが、宝富士はあるときは東花道で、あるときは青房側で、またあるときは向正面1階椅子席の裏で、それなりに体を動かしていた。 蒼国来と荒鷲は西花道あたりに陣取ってそれぞれにトレーニングをしていて、豪風はマイペースを貫き四股を踏む。東龍は臥牙丸の隣での四股に始まり、申し合いにも登場して復調をアピールした。

 正代なのだが、輝の押しに腰が崩れ、千代翔馬には右横褌からの攻めに圧倒され、全く良いところがない。嘱望されている割には、(稽古に限らず)相撲内容があまりにも悪すぎる。 千代翔馬は入幕前とは思えない活躍ぶりで、颯爽としていた。さらに日馬富士に呼ばれて、右で肩を突きながら左で前褌を取るやり方について直接指導を受けていた。こうして大相撲の伝統は続いていくのだ。

 稀勢の里は大栄翔・正代・錦木と取り、危なげなど全くなく、これまた実に強かった。最初は大栄翔に左差し右おっつけで押させたが、 踏み止まって右で上手を掴めば、大栄翔はただぶら下がるだけ。正代は立ち腰同士で互角に取ろうとしたろうが、挟みつけられて何もさせてもらえず、 錦木は稀勢の里の左腕に乗り上げて身動きが取れない。全くのワンマンショーだった。

 稀勢の里が稽古を始めた頃に白鵬がやってきて、まず上体をほぐし、次いで四股を踏み、さらに股割りと進んだが、左膝の上にサポーターをつけ、あまり元気がない。 むろん土俵にも立たないで終わった。左足の親指は骨折だというし、無理をすべき場面でもない。

 最後のぶつかり稽古、稀勢の里は正代に胸を出したあと、逆に正代にぶつかったのだが、いまだに腰を割らずに中腰で突っかけていくのである。もうどうにもならないのだろうか。


 この日の稽古はこれで終了。このとき午前10時である。昨年札幌で見た稽古より、内容はかなりあったように思われる。

 入場してきたときに拍手が沸いたのは、白鵬・日馬富士・稀勢の里だった(遠藤に拍手がパラパラとしか起こらなかったのには驚かされた)。 では退場のときはというと、まず日馬富士は稽古終了より早く退場していた。稽古が終わって、西花道を下がった稀勢の里は足早に支度部屋に戻ったが、東花道の白鵬はあっという間に囲まれて、ほぐした上体をサインのために酷使することになった。

 稽古が終わって…と書いたが、関取4人はまだまだ稽古だ。現代の巨人に挑みかかるは、この中に未来の巨人がいるか?函館短大附属幼稚園の園児たち。 受けて立つのは、逸ノ城・錦木・御嶽海・旭大星。

 最初は、巨人の中の巨人、逸ノ城。腰を割って前に屈んでも園児より背が高い。ネコだましもやってみたが、園児は純粋すぎて(?)全く効かなかった。 錦木は伊勢ノ海部屋でデパート行脚(?)をやっているせいか、意外に手馴れている。御嶽海は真っ向から押されてタジタジ、2人に支えてもらって余裕のポーズ…も束の間、 向正面2階席から響く園児の大声援で腰が崩れて(?)、溜まりの先生のところに落ちていく。おまけに宙に浮きながら押せるスーパー幼稚園児(!?)には剣ヶ峰まで追い詰められた。 トリを飾るのが道産子・旭大星。御嶽海がタオルを懸賞旗にしてみたり、なぜか錦木が旭大星を支えていたり、盛り上げ役も大奮闘だった。


Homeへ 次ページへ