平成28年大相撲函館場所観戦記(二)
お好み・幕下以下取組

 ここからは、昨年は割紙に書かれていなかった「相撲講座」。今回は割に載り、「取組開始まで、少々時間がありますので…」というアナウンスに続き、まずよく見られる決まり手の実演。 東が高田川部屋の勝武士(しょうぶし)で、西は阿武松部屋の篠原。篠原は昨年初切をやっていたので、異動といったところか。

 紹介されたのは、寄り切り(寄り倒し)・押し出し(突き出し・押し倒し)・送り出し(送り倒し)・吊り出し(吊り落とし)・足取り(小股掬い)・上手投げ・下手投げ・切り返し(外掛け)・突き落とし・引き落としで、 篠原の吊りにちょっとした驚きの声が聞かれた。切り返しは逆に篠原が喰う番で、ソップの篠原と中アンコの勝武士の組み合わせながら、体型からイメージされるのとは逆の勝敗になっていたのが少し面白かった。 そして最後は股割り。これこそお相撲さんのセールスポイント、場内に感心の声が充ちる。昨年の大山親方のコメントを再録すると、「こんな簡単なことを、拍手もらって、ありがたいことです」。いやいや、簡単だとは誰も思っていないのだ。

 その後、土俵には30分ほど誰も上がらず、「お相撲さんの生活」や「力士社会」についての説明が五月雨式に続けられていた。 恐らくは相撲講座の一部なのだろうが、どちらかというと休憩の趣を強く感じさせた。その中で原稿の読み上げに忙しかった場内放送席をご覧いただこう。 青房側通路の奥、壁沿いに設えられていた。もちろん決まり手担当でもあるのだが、この位置からだとかなり見にくいのではと、心配にもなった。


 11時15分、取組開始。2番目に西から出たのは、函館出身の北斗龍。土俵生活30年半の最古参は、呼び上げとともに大拍手で迎えられる。 「西方、函館市出身、北斗龍」のアナウンスでまたまた大拍手。上から被さって右上手、挟みつけて黒房に寄り切り北斗龍の勝ち。凱旋将軍の感。

 とある若手呼出(名誉のために特に名を秘す)が盛大に声を裏返してしまい、場内斉しく大爆笑。どころか力士仲間からは「●●しっかりー!」と野次。 次の一番でうまくいくと、場内やんやの大喝采。相撲取りから「●●いいぞー」「●●いい声だ!」と声が飛んでまた笑いが起こる。 そのあとしばらく、呼び上げごとに大拍手や大爆笑が繰り返されていた。


 幕下までの取組が終われば、ここからは恒例の「お好み」で、まずは髪結実演。北海道巡業なのだから、モデルは当然、友綱部屋の道産子力士・旭大星である。 床山は、相部屋の一等床山・床幸。床幸の右の足許には、道具箱。左手で髪を支え、右手で道具を使って結っていく。癖直しや鬢つけ油を塗るとき以外はほぼ左手で髪を持っているということになる。


 相撲甚句は、誰もマイクを持っていなくて出だしで躓いた。

 今年は「花づくし」「数え唄」「蛙づくし」「当地興行」の4曲。函館アリーナは流石新築、綺麗に聞こえ混濁一切なし。ここまで朗々と響く甚句は、巡業見物12度目にして初めて聞いた。 数え唄や蛙づくしは観客が面白がっているし、(関取の歌唱を別として)ここまで甚句で盛り上がったのも筆者にとっては初めて見る光景であった。 だから、数え唄の途中でむせて「すみません」と言うのも鮮明に聞こえたし、それで観客もなぜか大受け。

 蛙づくしのあとのはやし唄、「すいすい 泳ぐ 蛙でも(ホイ)たまには 温泉 骨休み(ホイ)草津に しようか 有馬に しよか(ホイ)はたまた 湯の川 登別(ホイ)あまた 温泉 数ある 中で(ホイ)蛙は やっぱり ゲロゲロ 下呂下呂」と、ちゃんとアリーナから徒歩数分の湯の川温泉を織り込んでくれた。 実は昨年の札幌では定山渓でも入れていたかと思いきや、「有馬に しよか」のあとは「あまた 温泉」にいきなり飛んでいたのだ。


 鋭い眼光の聡ノ富士、その視線の先で繰り広げられるのは、おなじみ、初切のコーナー。初切をやる力士のペアというものは、 というのがまずは常識(尤も、ソップは人材難の様相もみられるが)。で、今回のペアはというと、東が貴源治、西が貴公俊(たかよしとし)、遠目で見るとまるで見分けのつかない双子力士。 これは大きなチャレンジだ。呼吸はもう間違いないと思うが、対照によるおかしみを完全に捨て去って、新機軸を打ち出せるか?

 貴公俊はさっそく張り扇を持って入場、貴源氏はスリッパを持って登場、塩撒きくらべ、四股のあとの伸脚、仕切りの位置での悶着、 足で突き倒しての取り直し、不明瞭な待った、そして立ち合いざまの跳馬と、ここまでは前任の路線をほぼ継承していたが…


 跳馬のあと右四つで揉み合い、なんとなんと貴源治が右下手投げで貴公俊を綺麗に投げ捨て、早くも勝負をつけた!

 ところが幕下行司の式守輝乃典(きのすけ)、どっちがどっちだか分からない。するとこの双子、2人して「オレだよ!」とか言いながら輝乃典の腕を掴んで軍配を欲しがるもので場内大爆笑。 行司の権力というのは絶大なもので、この勝負、いとも簡単に取り直しにしてしまう。


 あとはだいたいいつも通りの流れ。頭の位置で揉めた挙句に髷を引っ張って投げ捨て、水芸の応酬から外無双で揉め、拳闘を止められてからの右突き落としで貴公俊の勝ち。張り扇の乾いた音が響き渡り、これで一件落着である。


 入れ替わって綱〆実演は、日馬富士。日馬富士が横綱になってからもう4年になるが、綱〆実演を見るのは初めてである(これまで曙2回、武蔵丸3回、白鵬3回)。

 要の位置に大銀杏姿の聡ノ富士がいて、全体を統括しているような感じ。締め上がり、横綱日馬富士は昨年の白鵬と違い、四方に礼をしたあと最後に再び正面に礼をするのを忘れなかった。 西花道を引き揚げるうちに、後ろの双輪が倒れていったのが惜しまれる。

 花道奥、子どもを抱く日馬富士の表情がまたいい。


 太鼓の実演は、幕内呼出の琴吉(ことよし)。例によって寄せ太鼓・一番太鼓・はね太鼓を見事に打ち分ける。

 このとき東西花道奥は、土俵入りを待つ関取衆が群れをなしている。そして写真だサインだと忙しい観客もまた、群れをなしている。 土俵を見る人・東花道に行く人・西花道に行く人、太鼓の時間は客をもこうして打ち分ける…客を打つわけではないが。


前ページへ Homeへ 次ページへ