平成二十二年九月場所十三日目観戦記
そ の 一(平成22年 9月24日)



 どんよりとした曇り空、今にも泣き出しそうな曇り空。想像以上の肌寒さは、つい数日前まで記録的炎暑だったとは思えぬもの。 こういうときは、相撲であったまるに限るのだ。飛行機ですっ飛んできてすぐ国技館入り。

 前回の観戦から 1年、いろんなことがありました…これを書き始めたら観戦記どころではなくなりそうなので、バサッと略してしまう。 遠目に見れば、いつに変わらぬ相撲風景。切符売場には列ができ、力士幟が風にはためき、板番附も御免札も普段の通り。 さりげなく歩行者用信号機がつけかえられているが…それはおいといて、白い大看板が入口にドンと立つさまは厳しく、そこに角界を揺るがした数日間の影響を見ることができる。

 前場所は、協会外からのあらゆる表彰を辞退した。優勝者に対する自前の賞は、優勝旗しか残らなかった。 元来優勝旗は東西対抗の団体優勝用だった。東西制がなくなったとき、行き場のなくなった優勝旗は消えても一向構いはしなかったが、 個人優勝者に渡されるようになった。つまり賜盃と同じ人に渡るわけだ。ところが賜盃は文字通り賜った盃、 いきおい前場所は辞退という形になり、図らずも優勝旗のみが個人優勝者のもとへ。東西対抗制度廃止後はなんだか添え物のようにも見えた優勝旗が、 その存在を大きくしたのが去る名古屋場所だった。

 各種難題の克服を誓った上で、この秋場所は夏場所までの形に復しての通常開催、賜盃をはじめ種々の賞品が並んでいる。 そして割の数は、十枚目が13番、中入後は21番で、これも夏場所までの通り。あと望むことは、夏場所のような活気のなさまで引きずらないことを祈るばかり。
(以下次頁)
前画面に戻る 次頁へ