平成二十二年九月場所十三日目観戦記
十枚目取組・一(平成22年 9月24日)



●琉鵬(押し出し)千代白鵬○

 千代白鵬両手で突こうとすると琉鵬右おっつけで外して左を差そうとした。千代白鵬左に引き落とそうとすると琉鵬つけ入って左喉輪で押そうとしたが、千代白鵬は琉鵬の左を引っ掛け、さらに右に廻って崩し、突っ張る。琉鵬立ち直って右に引き落とし、両者右喉輪左おっつけから千代白鵬左外筈で突き落としを見せ、喉を突き合って互いに機を窺う。琉鵬が右で肩を押さえるのを千代白鵬左でおっつけ十数呼吸、押し合って琉鵬左への引き落としから右を差そうとすると、千代白鵬は嫌って左右のおっつけから右の去なしで崩し、間を置かず右外筈左喉輪で西に殺到して押し切った。
○栃乃若(寄り切り)清瀬海●

 清瀬海先に立って額で当たり、左おっつけ右喉輪から引き落としを見せて右に廻ったが、栃乃若はついていって左右のおっつけ、清瀬海が東で左筈右喉輪で押し上げんとすると、栃乃若おっつけて動ぜず、再び清瀬海が同じ恰好で押そうとすると栃乃若逆に体を寄せて両差し、東に寄り切った。
●宝富士(突き落とし)玉乃島○

 宝富士左前褌を取って右でおっつけんとすると玉乃島は右を覗かせて左もこじ入れんとし、次いで左を抜いて右から起こそうとする。宝富士は右でも前褌を狙う。機を見て宝富士が右四つで東に寄ると玉乃島は堪えて右から掬い、宝富士が左上手投げに返すと、玉乃島は逆に左から突き落とした。
○若荒雄(引き落とし)十文字●

 若荒雄勝手に立ってやり直し。若荒雄両手突きから左で叩くと十文字左筈右喉輪で押し、右筈左外筈で東に攻めたが、若荒雄が左に廻って左から突きながら右で首を押さえて引くと、十文字は左足がついていかず腹這い。

前画面に戻る 次頁へ