平成二十二年九月場所十三日目観戦記
幕内取組・一(平成22年 9月24日)



●豊桜(押し出し)豊響○

 豊桜両手突きから右喉輪、次いで左も使って肩を押さえようとしたが、豊響は左右からおっつけた。豊桜引いて赤房に下がると、豊響つけ入って左で肩を突いた。豊桜は左に飛んで上手から振ろうとしたが、向正面に飛び出した。
●土佐ノ海(上手投げ)蒼国来○

 土佐ノ海両筈で押そうとするが蒼国来おっつけて殆ど下がらず、土佐ノ海青房に少し下がって再び両筈で白房に出ようとすると、蒼国来は左上手を取って西に投げ捨てた。
○春日王(上手投げ)旭南海●

 春日王が自分の呼吸で立って右差しを狙うと旭南海は左でおっつけて左に廻り、次いで左横褌を取るが、春日王右を抜いて抱える。旭南海は右を入れて下手を深く取る。春日王は左上手を深めに取って右をこじ入れんとする。旭南海は左で殺し、次いで左上手前褌を引いて出んとする。春日王堪え、旭南海が再度引きつけて黒房に出るところ、春日王強烈な左上手投げで西に投げ倒した。春日王右、旭南海左の手着きなし。
○光龍(叩き込み)垣添●

 垣添両差しを狙うと光龍左喉輪から突っ張って白房に攻め、垣添が右から去なすと光龍右喉輪で押し上げた後左に廻って引き、垣添ついていって両筈から懐に入ろうとすると光龍突っ張りから両手で喉を押さえて左に引く。垣添つんのめったがよく立ち直り、光龍の突っ張りを宛がうが右喉輪で押し放される。向正面で一度見合い、光龍右左右と喉を押し上げ、垣添堪えんとすると光龍左で叩き込んだ。

前頁へ 前画面に戻る 次頁へ