平成二十二年九月場所千秋楽観戦記
そ の 一(平成22年 9月26日)







 前々日とは打って変わって、この上天気。朝の 8時に外を歩いてみると、当日券を求める行列ができている。 高い空に向けて聳える太鼓櫓のてっぺんからは、一番太鼓の威勢の良い音が響く。そして櫓の向こう側、新しい太鼓櫓が建設中…なのではなく、 あれは押上に建設中の東京スカイツリー。最終的には634mになるそうだが、着工から 2年 2ヶ月を経ているこの時の高さは470m。ちなみに太鼓櫓は16mである。 国技館の開館から四半世紀、少しずつ四囲の景観も変わっていき、かつてはなかった天を摩する楼閣がいくつか現れている。 国技館が圧せられている観もあるが、もっとも国技館は高さを要する建物でもないわけで、これは勝負なしか。

 本日は 1階席での見物である。この場所は 1階に入口に人員を配し、入場券の確認を行っている。また紫の法被をまとった案内係が館内各所にいる。 譲渡禁止の維持員席を別人が利用していた問題から始まり、逆に土俵に近い砂かぶりや桟敷に廉価の券で入ることをも防ぐ必要を認めたということのようで、窮屈なことは窮屈である。 特に入門したての息子を持つ家族など、わざわざ大枚はたいて桟敷の券を求めるわけもないのだから、自由席券でも入れてやれないものかと思うのだが、 遺漏なく判別する手立てが見出だされない以上は、「見逃しよりも空振りのほうをよしとする」という考え方を採らざるを得ないだろう。
(以下次頁)
前画面に戻る 次頁へ