平成二十二年九月場所千秋楽観戦記
十枚目取組・一(平成22年 9月26日)



●琉鵬(押し倒し)剣武○

 琉鵬慎重で剣武立ってやり直し。剣武当たって両筈で押すと琉鵬左から宛がったがズルズル赤房に下がり、左膝を着いて押し倒された。
●大道(突き落とし)宝富士○

 宝富士左差しを狙うと大道右肩から当たり、差し手を争って右四つ、大道左上手を取って西に出んとすると宝富士右に捻り、大道が正面に出ると宝富士右から掬おうとし、大道なお左を引きつけて黒房に出ると、宝富士右に巻いて左から突き落とした。
○十文字(寄り切り)富士東●

 十文字立たずやり直し。十文字右で張って左を差そうとすると富士東右上手を取ったがやや深い。十文字左から掬って右からおっつけんとすると、富士東は左下手を狙いながら赤房に出る。十文字は左に廻って下手を与えず、右を割り込まんとし、次いで右上手を探る、富士東が白房に出ると十文字左下手投げで体を入れ替え、右上手を取って白房に寄る。富士東堪えると十文字また西に寄り、左下手投げで振って黒房に寄り、右筈から右下手を取って寄り切った。
○若荒雄(叩き込み)境澤●

 若荒雄が両手突きで立つと境澤胸を出すと見せて素早く左を開く。若荒雄残して突っ張ると境澤は向正面を右に廻り込んだが、若荒雄いきなり叩く。境澤は深くつんのめり、土俵を掃かずに立ち直ろうとはしたものの、右足が前に出すぎて尻餅をついた。

前画面に戻る 次頁へ