平成二十二年九月場所千秋楽観戦記
幕内取組・一(平成22年 9月26日)



●春日王(寄り倒し)栃乃洋○

 春日王頭を下げて右差し狙いで突っ込むと栃乃洋左に変わって突き落とし、左から右と入れて向正面に出んとし、春日王の右掛け投げを許さず、春日王が右小手投げにくるところ、左を突きつけて白房に寄り倒した。
○光龍(叩き込み)豊桜●

 光龍の両手突きを豊桜両手で上から払い落としたが、光龍突っ張って西に攻めた。豊桜ここから突き返して猛然青房に追い込んだが、光龍が堪えて左に廻りざま両手で右に叩くと、豊桜は二字口の上に腹這いになった。
●土佐ノ海(寄り切り)武州山○

 土佐ノ海当たって左おっつけ右筈、武州山は右でかち上げて左おっつけ。武州山が左をこじ入れながら出ると土佐ノ海赤房で堪えんとしたが左四つ右上手に捕まり、土佐ノ海が左下手投げ気味に左に廻って右で絞ろうとすると、武州山西に寄り、土佐ノ海が左から掬って左に廻ろうとすると、武州山黒房に寄り切った。
●木村山(押し出し)琴春日○

 木村山やや左に立って去なし、右喉輪で突き放したが、琴春日右おっつけから左外筈で押し返し、木村山が右で首を突き落とすと、琴春日左前褌を狙いながら低く攻め、右喉輪から左喉輪右おっつけで東に押し出した。

前頁へ 前画面に戻る 次頁へ