平成二十四年九月場所十二日目観戦記
十枚目取組・一(平成24年 9月20日)



○荒鷲(下手投げ)東龍●

 互いに右でかち上げ気味に当たりながら左で前褌を狙って手を掛け、先に左が切れた荒鷲が東に下がりながら右で東龍の左を切ると、東龍右筈左で宛がって攻め、荒鷲が左でおっつけると東龍左四つ右上手の形になるも右が深い。荒鷲は左下手を取って半身。東龍が右上手投げを見せて一呼吸するところ、荒鷲腰に乗せながら強烈な左下手投げ一閃、黒房の前に引っ繰り返した。
●鬼嵐(押し倒し)鳰の湖○

 呼吸合わず鬼嵐立ってやり直し。鬼嵐額で当たって左筈右喉輪で突き上げようとするが、体が伸び切って前に出られず、鳰の湖が左おっつけで少し左に廻り、かまして赤房に押し込もうとすると、鬼嵐頭を下げて前褌を狙うが、鳰の湖は左を開いて手繰り、鬼嵐がすぐに向き直ると鳰の湖は両手で突き上げ、右喉輪で赤房に押し放し、左喉輪右外筈で押し倒した。
●大岩戸(押し出し)北はり磨○

 大岩戸右筈左おっつけの恰好から左で撥き、北はり磨が泳ぐと大岩戸青房に突撃して左おっつけから右喉輪で押し切ろうとしたが、北はり磨反り身に左でおっつけ、サッと左に廻り込んで左外筈右で胸を押して青房に押し出した。大岩戸右拳仕切り線オーバー。
●徳真鵬(反則)琴勇輝○

 徳真鵬右でかち上げようとすると琴勇輝猛然と突っ込んで右から左と筈で押そうとする。徳真鵬左右とも上げられて徳利投げのような恰好、右に廻って左で頭を押さえつけ、そのまま青房に下がって引き据えたが、すぐに東の錣山審判が物言いをつけ、協議が一度終わったかのように見えて再度協議、髷を掴んだとて徳真鵬の反則負けとされた。髷に手が掛かっているが、掴んでも引いてもおらず、これを反則負けとするのは乱暴に過ぎた。

前画面に戻る 次頁へ