平成二十四年九月場所十二日目観戦記
幕内取組・一(平成24年 9月20日)



○富士東(寄り倒し)佐田の富士●

 佐田の富士先に立って頭で当たり、左筈右かち上げから突っ張る。富士東は踏み込まず頭で当たり、佐田の富士の突っ張りをはね上げ、佐田の富士が左で一つ張ってまだ突っ張ると、富士東宛がって下がらず右上手を取り、左を覗かせ、佐田の富士が左下手投げを打つと富士東残して再度左を覗かせ、右を引きつけて正面に寄り進み、佐田の富士の左下手投げを残して寄り倒した。富士東右の手着きなし。
●玉鷲(寄り倒し)天鎧鵬○

 天鎧鵬左を固めながら右を差し込もうとすると、玉鷲頭で当たって左おっつけ右喉輪で黒房に押そうとしたが、天鎧鵬左おっつけで堪えて左に廻る。玉鷲見合いながら迷い、両手で突いてから額をつけて左おっつけ右前褌。天鎧鵬二本差し込みながら白房に寄り進み、玉鷲の左突き落としを許さず右を突きつけて寄り倒した。
●嘉風(送り出し)隆の山○

 頭で当たり合って嘉風両筈の恰好になると隆の山左に変わってとったり、そのまま西に送り出した。
●千代大龍(突き落とし)若荒雄○

 若荒雄の両手突きを千代大龍顎を上げられながら宛がおうとすると、若荒雄はすぐに引き落としを見せるなり両手でまた突き、左喉輪のあと正面に細かく突っ張り、左から突き落とした。

前頁へ 前画面に戻る 次頁へ