平成二十四年九月場所十四日目観戦記
そ の 一(平成24年 9月22日)



 とうとう30回目の本場所見物である。これまで(明示したものとそうでないものとがあるが)、単独行が10回、メーリングリスト→伊勢ノ海部屋ご贔屓関係が10回、栃東ご贔屓関係が 4回、 職場の同期 2回(16年 5月初日と19年 3月 9日目)、職場の先輩、山口県の知り合い、 そして母とが各 1回という内訳で、では今回はといえば、初めてのパターン、高校の同級生である。サイトを見て相撲を見に行きたくなったという奇特なお方、 しかも秋場所の土曜日が希望という。このわたくし、ちょうど上京中。なので、14日目を見物と決まった。 その彼、当日の飛行機で札幌から突撃、場所入りは12時すぎである。お初の国技館ということで、館内いろいろ見てまわり、弁当買って着席…



 この日最大の好取組は、誰が何と言おうとこれだろう。だのに森永賞はこれではなく、稀勢の里に白鵬の一番だった。ちょっと不思議。 ちなみにこの弁当を選んだのには、これといって理由はない。筆者のは鶴竜弁当だが、別に日馬富士が嫌だとか、逆に鶴竜を喰ってしまえとか、全然考えてもいなかった。 一昨日は琴欧洲弁当、これは「次いるのかなぁ?」という理由だけれど…(武双山の弁当は食べた覚えがないし…)
(以下次頁)
前画面に戻る 次頁へ