平成二十四年九月場所十四日目観戦記
十枚目取組・一(平成24年 9月22日)



●皇風(送り出し)大喜鵬○

 大喜鵬左で張って両差しを狙うと皇風は右で前褌を狙いながら左右でおっつける。大喜鵬右で叩きながら左に廻り、正面青房寄りに下がって右から突き落とし、左で首を押さえつけ、青房に送り出した。
●寶智山(押し出し)北はり磨○

 寶智山左で張って右下手を狙うと北はり磨額で当たって左でおっつけ、左横褌を取って左に廻り右筈、寶智山が右を抜いておっつけようとすると北はり磨左を引きつけ右から攻める。寶智山右おっつけで離れて手先で突っ張ると北はり磨左喉輪右おっつけから右に廻り込み、左筈で東に攻めようとする。寶智山青房を右に廻りながら引っ掛ける。北はり磨泳ぐが右前に廻って向き直り、寶智山が白房に出ると北はり磨右から去なし、左から右と筈に入って黒房に押し出した。北はり磨左の手着きなし。
○大岩戸(叩き込み)鬼嵐●

 額で当たり合って大岩戸右で喉を押し上げんとするなり左で叩き、突っ張って向正面に攻め、鬼嵐に突き返させず右に叩き込んだ。大岩戸左の手着き不充分。
●鳰の湖(送り出し)琴勇輝○

 呼吸合わず鳰の湖突っかけやり直し。琴勇輝両手突きの左がすっぽ抜けるが、右腕で押し上げて左筈で突き放し、鳰の湖が左を手繰って青房を右に廻ると、琴勇輝両手突きを連発しながら西に突進し、後ろ向きになった鳰の湖を西溜まりに押し飛ばした。

前画面に戻る 次頁へ