平成二十四年九月場所十四日目観戦記
幕内取組・一(平成24年 9月22日)



●栃乃若(引き落とし)佐田の富士○

 佐田の富士両手突きから喉を突っ張って左筈右喉輪、栃乃若が右を入れようとすると佐田の富士左でおっつけ、また突っ張る。栃乃若が宛がおうとすると佐田の富士なお突っ張るが、栃乃若は左を覗かせ強引に出ようとする。佐田の富士は右でおっつけて左で栃乃若の二の腕を押さえ、黒房から押し返して土俵中央、頭をつけて一呼吸、佐田の富士何とか押さんとし、一呼吸して栃乃若が出んとすると佐田の富士逆に突き放して左喉輪右筈で東に押し、左に引き落とした。
●朝赤龍(押し出し)木村山○

 朝赤龍先に立って右で突きながら頭で当たり左を下手狙うと、木村山は頭で当たりながら右を開いて引き落とし、朝赤龍に向き直る遑を与えず、朝赤龍の右後ろから押して西の溜まり白房寄りに送り出した。
●旭日松(押し倒し)宝富士○

 旭日松遅く宝富士立ってやり直し。旭日松先に立ち、宝富士が左差し狙いで左胸から当たろうとすると旭日松額で当たって右を固めながら左喉輪突き、左喉輪右筈で突き放して黒房に攻めようとすると、宝富士右おっつけで左に崩す。旭日松立ち直って突き上げようとしたが、左を差されかけて嫌がり左に廻った。宝富士突っ張って白房に攻め込むと旭日松堪えて押し返し、突き合いから左喉輪右筈から両筈で赤房に攻め入る。宝富士左おっつけで去なした。旭日松はつんのめって東に泳ぎ、向き直ろうとして左喉輪右外筈で青房に吹っ飛ばされた。旭日松右の手着きなし。
●旭天鵬(寄り切り)若の里○

 旭天鵬が右差し左上手狙いで立つと若の里は両差し狙い、若の里二本こじ入れて赤房に出ようとする。旭天鵬堪えて左小手投げで振ると、若の里残して左右とも返しながら黒房に出ようとする。旭天鵬左を首に巻いて右から振ろうとし、若の里が構わず黒房に進めば旭天鵬左小手投げで捻じる。若の里正面に出んとすると旭天鵬踏み止まって閂、それでも若の里が青房に攻めようとすると旭天鵬はここでも左小手投げ。若の里残して両下手を引き、東に出ようとする。旭天鵬腰を落として右小手投げを打ったが、若の里堪えて東に寄り切った。旭天鵬右の手着きなし。

前頁へ 前画面に戻る 次頁へ