平成二十五年五月場所六日目観戦記
そ の 一(平成25年 5月17日)



 東京入りしたときは雨だった。しかも出発地との気温差は20℃もあった。この場所は「夏」場所である。 その初日、かの地はいまだにボタン雪が舞い飛んで、これはもしや座蒲団舞い飛ぶ前兆か?と思ってはみたものの、それどころかびっくりするほど落ち着いた展開。 最初の 3日間をちゃんと見て、まあまあ内容のある相撲が期待できるかなと、腕をさすってカメラを磨く、その心の愉しさよ。

 明くる朝、快晴。スカイツリーが大鉄傘を突き破って蒼穹を支える。太鼓の音が聞こえる。待ってはおれず 8時15分に出動してしまった。 太鼓櫓に後光が射し、その光は力士幟に彩りを加え、相撲気分は最高潮、 9年ぶりの夏場所見物、いよいよ幕開けである。取組開始は 8時50分、例によって優勝額の写真を撮って、早々と腰を落ち着けた。

 といっても前相撲はもう終わっている。呼び出しがせっせと箒を入れて、場所中盤戦の始まりに備える。 今回は向正面のほぼど真ん中、立ち合いの瞬間は行司の向こうになってしまうが、いわゆる不知火横綱ばかり 2名という珍しいこの時代、 その双輪をじっくり眺めるというのもおつなものである。それはまだ 7時間も先の話だが。

 右を向けば東の花道、最初の 3番を裁く木村錦太郎が出を待ち、様子を見ている。左を向けばそちらは西、 柵の向こうに見える顔は、玉垣(智乃花)審判である。花道奥からは力士が体をバチバチ叩く音。テレビ桟敷で見ているのとは左右チャンネルが逆だが、まさにステレオである。 さらに奥からは時刻を告げる柝の音も聞こえ、これぞ正しく朝の相撲場といった風情。
(以下次頁)
前画面に戻る 次頁へ