平成二十五年五月場所六日目観戦記
十枚目取組・一(平成25年 5月17日)



●豊真将(寄り切り)鏡桜○

 鏡桜右四つ狙いの形で立つと、豊真将左筈右でおっつけんとするが、鏡桜右でおっつけて上手を探りながら赤房に進む。豊真将右でおっつけて青房に堪え左喉輪、鏡桜両手で左喉輪を外して振ると、豊真将左を抜くが、鏡桜左筈右で宛がって白房に攻め、右上手を探る。豊真将が右に廻り込むと鏡桜は左下手を取り、右横褌を取って引きつけ、正面黒房寄りに出て寄り出した。豊真将左の手着きなし。
○北はり磨(押し出し)木村山●

 木村山頭を下げて左で肩を突きながら右喉輪、北はり磨左右からおっつけると木村山左に引き落とそうとするが効かず、北はり磨左外筈から右でもおっつけて向正面に攻めんとする。木村山右喉輪の形で向正面に後退し、右に廻ろうとしたが、北はり磨が左で胸を押すと木村山赤房に右足を出して完敗。
●若荒雄(押し出し)千代皇○

 両者全く拳をおろさず、若荒雄待った。千代皇頭で当たらず右差し左上手を狙うと、若荒雄額で当たろうとしながら右で胸を突いて左腕で喉を押し、突っ張ろうとしたが、宛がわれて全く効かず寧ろ出られる。若荒雄は下に払うようにしながら右後ろに下がったが、千代皇左筈で東土俵赤房寄りに押し込み右外筈で押し出した。千代皇右の手着きなし。
○栃乃若(上手出し投げ)千代嵐●

 千代嵐頭で当たろうとしながら先に右で突き、次いで左を筈にしようとしたが、栃乃若は胸を出しながらやや右に廻って後ろ褌を取り出し投げ、千代嵐これを残して左差し、右をこじ入れようとする。栃乃若左でおっつけながら右を差そうとし、千代嵐が嫌って下から突き上げ黒房に出るが出足が足らず、栃乃若サッと右上手を取るや右に廻って出せば、千代嵐堪えんとして止まれず飛び出した。

前画面に戻る 次頁へ