平成二十五年五月場所六日目観戦記
幕内取組・一(平成25年 5月17日)



●大道(寄り切り)魁聖○

 呼吸合わず大道立たずやり直し。二度目は僅かにずれてやり直し。大道右肩を出しながら低く当たって右四つ左前褌、魁聖は胸で当たって左前褌を狙ったが手が掛からない。大道左から出すと魁聖ついていって左から攻めながら白房に寄り、大道が少し堪えて左に廻り黒房で上手投げを打とうとすると、魁聖右を突きつけて寄り切り、腰が崩れた大道はカメラマンの前に転げ落ちた。大道右の手着きなし。
●若の里(小手投げ)舛ノ山○

 若の里右で張って左から入ろうとすると舛ノ山左でかち上げるが右は高い。若の里左を入れて右から攻めながら白房に出て上手を狙うと、堪えた舛ノ山左を返して上手をやらず、右小手投げで捻じり倒した。
○誉富士(寄り切り)旭秀鵬●

 先に立った旭秀鵬右の手着きがなく行司待ったでやり直し。旭秀鵬右肩で当たって右差し左を腹に宛がい、誉富士が突っ張って西に出ようとすると旭秀鵬は引いて上体を下げ右左と前褌を探るが両足が流れる。誉富士右に去なして崩し、右喉輪で突き上げるや左筈右で肩を押して正面に攻め込み右筈左おっつけ、左がやや甘く旭秀鵬に右を差されたが、誉富士休まず右下手を引いて左を預け寄り切った。旭秀鵬右の手着きなし。
●大喜鵬(小手投げ)臥牙丸○

 大喜鵬両手で突きながら左に飛んだが中途半端、臥牙丸赤房で向き直り左足一本、大喜鵬左筈右おっつけで押そうとするが、臥牙丸が右足を上げたまま右から引っ張り込もうとすると大喜鵬は左下手を取りにいった。臥牙丸立ち直って右で抱えた。大喜鵬右で上手を取り、臥牙丸が右で抱えて腹を出しながら左を深くしようとすると、大喜鵬煽って出ようとしたが、臥牙丸は右に廻って体ごと預けて小手投げ、大喜鵬ズルッと潰れ完敗。

前頁へ 前画面に戻る 次頁へ