平成二十五年五月場所七日目観戦記
そ の 一(平成25年 5月18日)



 朝から谷中のお寺をぶーらぶら、お昼を過ぎてぶーらぶらと国技館までやってくると、「本日 満員札止メ」の張り紙。 今年は 1月場所でも札止めという言葉を数回耳にしたが、どうやら相撲景気はある程度戻ってきたらしい。 客席の様子はどうだったかというと、右が十枚目取組終盤頃の正面、左は幕内土俵入り最中の向正面で、撮った時刻に差があるのが申し訳ないが、 かくの如しで椅子席もよく埋まった。エントランスホールではひよの山と赤鷲とが出迎えて、ぐるりは幾重もの人垣。赤鷲の着ぐるみはこの場所が初登場だそうだ。 この場所からパンフレットを一新し、広報部がいろいろと知恵を絞っているのが窺える。

 さてここでは硬いことを書きたい。同じくエントランスホール、「ごひいき力士応援グッズ」と称して横綱大関の名を入れたものが売られている。 1人で持てる程度のタオル様の幕や、扇子といったものだ。 現国技館が開館するに当たり、春日野理事長の意嚮により横断幕の使用が禁止された。それから間もなく30年、現在の「相撲競技観戦契約約款」は、平成24年 5月場所から適用されている。 その第 9条は応援行為について定めたもので、第 1項には「何人も、主催者の許可を得ることなく、相撲競技観戦に際し、以下の各号の応援行為をしてはならない」とある。 そのうちの第 2号は「応援旗、横断幕等の他の来場客の相撲競技観戦に支障を及ぼす虞のある物を使用した応援」とあるのは、開館当時の精神に則ったものであろう。 他会場、特に福岡だと横断幕はかなり目立つが、「各相撲場により、別途利用規約がある場合は、この限りではない」との定めにより除外されると解すべきである。 さて第 9条第 1項の運用については、同条第 3項に「本条 1項の許可の基準及び手続は、別途、相撲協会において定める」としてあり、 「財団法人日本相撲協会「相撲競技観戦契約約款」に基づく『大相撲観戦時のお願い』」として具体化されているところだ。 これによると、横断幕・垂れ幕・鳴り物による応援はできず、応援用具は自席をはみ出す大きさのものを用いてはならず、 応援幕等は 1人で持てるものに限定され( 2人以上で持つと横断幕と看做され禁制)、応援幕等の内容は力士を応援するものに限る、というようになっている。 実態としては、横断幕は一向になくならないし、幟を振っている者もある。これは明らかに上記「お願い」の規定に触れているとみられよう。 問題は扇子や旗で、高々と振りかざす者が跡を絶たぬ。かの「お願い」には「他のお客様に迷惑を及ぼすと判断する応援用具の使用はできません」とあるが、 約款第 9条第 1項第 2号に戻ると「相撲競技観戦に支障を及ぼす虞のある物」というが、実際に視界を遮っているので「虞」どころか現に「支障を及ぼ」しており論外といえよう。 「お願い」の基準が緩すぎ、同条第 1項第 2号が空文化している。応援用具を用いた応援の一切につき、禁制が布かれることを心から願ってやまない。
(以下次頁)
前画面に戻る 次頁へ